今回は残すところ、今年もあと1ヶ月!ということですね。

 

激動の時代で日々が過ぎ去り、色々な常識が変わりました。

人と話すこと、関わることが当たり前だった社会が

こんなにも一変するとは誰が予想したことでしょう。

 

しかし、どんな大変なときでも

仕事は人生の中で大切なものです。

 

そしてどんなビジネスも、全ては認知から。

いい商品であっても、認知ができ、集客ができないことには、

そのさきに結びつきません。

 

今回は、その『認知』『集客』にぴったりな

『2021年のInstagramはこうなる!未来予想を徹底解説』

をお伝えをします。

 

 

◆未来予測!Instagram編は海外の事例から見る

 

2021年にInstagramはこうなる!

その結論は…

 

〝投稿内容の質が求められる時代〟

 

です。

 

 

ではその理由をお伝えしていきます。

instagram.jpg

 

2020/11/18にYahoo!ニュースで公開された記事

『Instagramに「キーワード検索」機能が追加、まずは英語圏から』

によると

 

☑︎Instagramが新機能としてキーワード検索を追加。

まずは英語圏6カ国(アメリカ、イギリス、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)でスタート

 

☑︎ポストした画像の種類、キャプション、ポスト時期などを考慮して、キーワードとマッチするか否かを判断

(ポスト=投稿、キャプション=文章)

 

ということが書かれています。

 

 

 

ちなみに情報源は

「ネタ元のThe VergeがInstagramに取材した」

という点もポイントが高いです。

 

 

これまでのInstagramの歴史を振り返ると、

まず注目すべきところは

Instagramはfacebook社の傘下のため

海外のアプリであるということです。

 

そして何か新しい機能は、英語圏からスタートされるので

日本はどうしても実施が遅れます。

 

これまでにもリールは海外で2019年にスタートしていたにも関わらず

日本では2020年の8月にスタートされていました。

 

 

ということは今回も英語圏ですでに実施をされているので

よほど不評や不具合ではない限り日本でも開始されるでしょう。

 

 

 

◆インスタグラムのこれまでの問題点とは?

 

Google検索では『ググる』という言葉があるように、

Instagramでは『タグる』という言葉ができました。

 

Instagramの#(ハッシュタグ)をつけて、投稿を広げることを意味しますが

これでは#(ハッシュタグ)を使いこなせる・こなせないに差ができ、

それゆえユーザーが求めている情報が

Instagram上にあるのに届かない事態が起こっています。

 

例えば、東京駅でランチをした人が

投稿に「#東京駅」「#ランチ」しかつけないかもしれません。

 

しかし東京駅でランチをしたい、Instagramを使いこなしている人は

「#東京駅ランチ」と検索するでしょう。

 

すると、本来であれば知りたかった情報が知る機会損失になってしまい、

情報の質を考えると「結局Googleだよね」と思われてしまいかねません。

 

その解決策して打ち出されることが

今回の『キーワード検索』であると私は解釈しています。

 

 

◆〝ペンは剣よりも強し〟は過去も未来も変わらない価値

もしも今、Instagramを上手く使いこなせていないとしたら、

日本に実装される前に、

 

・誰に何を伝えるのか?

・想定している読者に対し、情報の質は高いかどうか?

 

を意識して投稿してみましょう。

 

 

Instagramはお写真のメディアという印象が強く、

もちろんこれからもこの印象は変わらないと思いますが、

発信内容も重視されることは私としても非常に喜ばしいことです。

 

 

やはり、いつの時代でも集客できちんと結果を出すには

質の高い情報を、わかりやすく伝えられるか。

 

ここにかかってくると思います。

そのためには、言語化をする力が大切で、文章力が要になります。

 

 

いくら動画の時代になっても、文章力のある人は

伝えるべきことを的確に伝えることができるので、

時代に取り残されたりしません。

 

むしろ動画の原稿は文章です。

 

 

そんな文章は才能ではなく、実践してきた量が勝負。

いかに文章と向き合って考えてきたのか。

これで大きく変わります。

 

 

 

だから、もし現段階で「文章が苦手だな」と思う人も、

これからの波に備えて、

そしてどんな時代になっても伝えることはなくならないので

一生もののスキルを身につけるつもりで

文章と向き合ってみてください。

 

 

イギリスで1839年に発表された

エドワード・ブルワー=リットン卿作の戯曲『リシュリュー』では

 

〝ペンは剣よりも強し〟

(英: The pen is mightier than the sword )

 

という名言が今世でも残っているほど。

 

 

 

確かに今の日本は平和なので、剣がなくても生きていけますが

集客UP、売上UPで事業を継続するために

ペンは欠かせない必須アイテムです。

 

 

◆〝大切な人や大好きなことと、あなたを近づける〟ためのInstagram

instagram.jpg

Instagramのミッションは

〝大切な人や大好きなことと、あなたを近づける〟

(Bringing you closer to the people and things you love)

です。

 

つまり、Instagramはこの想いをもとに、すべてが作られています。

 

キーワード検索も、本当に求めている大好きなものと

あなたを近づけるツールになるので、

日本でも実施されることは時間の問題でしょう。

 

 

ぜひ今のうちから、未来のInstagramの変貌を予測しながらアカウントを作ってみてください^^

 

そしてもっと集客に活用をしていきたい方は

下記のURLからInstagram集客セミナーをチェックされてください♪

 

インスタ集客セミナー【個人事業主、女性起業家さん限定のInstagram活用】

 

 

 

上村菜穂 プロフィール

女性集客講師

〝広告費をコストカットして理想のお客様が集まるSNSづくり〟をコンセプトに
自身の開催イベントでは女性を延べ1,000名以上集客してきた。

そのノウハウを法人・コミュニティ向けに東京・大阪・福岡をはじめとした全国で
延べ2,000名以上に向けて講演活動をするほか、
女性起業家向けの集客・PRコンサルティングを主軸に事業を行っている。

Google、Yahoo、いずれもの検索エンジンの『女性集客 インスタ』にて1位を独占。


ライターとして、20代女性向けの集客やPRを強みに、2015年に学生から個人事業主として独立。
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、
集客・PRの再現性あるノウハウを構築中。

■主なメディア・法人実績 (敬称略)

・研修講師
「楽天大学」(株式会社楽天)
「ロートビューティーマイスターへSNS集客&プロモーション研修」(ロート製薬株式会社)
「お客様から愛されるSNSのお作法
〜集客UPにつなげるプレミアムレッスン〜」(秋田県信用保証協会 創業支援チーム 女性創業支援 チームポラリス)
半年間のサロンオーナー様向けアカデミー研修講師(株式会社UTP)
女子大生向けの人生設計を講演(株式会社サイバーエージェント)(株式会社マイナビ)など。

・ライター
「by.S」(株式会社サイバーエージェント)、「起業サプリジャーナル」(株式会社ネオキャリア)、「GOLMAGA」の女性向け企画・ゴルフ美人インタビューの企画、インタビュアー(東急電鉄)、福島 震災復興取材(近畿日本ツーリスト)、「家事大学」(株式会社ベアーズ)など。

・その他
秋田魁新報社(2019/10/26、2019/10/30)掲載
「おはよう日本 まちかど情報室」(NHK)
2016年五月祭にて「教育のできない人は起業を諦めなさい」(東京大学)
会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演など。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール