この記事を読んでいただくことによって、

・文章は才能がなくても書けるものだとわかる

・読んでもらえる文章とは?

・「この商品を買おう!」「このセミナーに行こう!」

と思っていただける文章とは?

ということがわかります。

 

 

文章は才能がなくても書けるもの

pen.jpg

 

女性集客や女性向けのPRに関するお仕事をしていると

少なからずお客様がおっしゃることが

「私は文章の才能がないからなぁ」

「上村さんはもともとライターさんなので、文章力があって羨ましいです」

というようなお言葉をよくいただきます。

 

上手くいかないことは

自分は苦手なことだと逃げたくなってしまうお気持ちもよくわかります・・

 

 

私も何度、かつて営業が苦手だったときに

「私は営業が苦手だからなぁ」

と言い訳をしたことでしょうか。

 

しかし、どんな言い訳があったとしても

お客様にとっては関係ありません。

 

 

才能があろうが、なかろうが

お客様には関係なく

損するのは自分なのです。

 

と思うと、

ちょっと捉え方が変わりませんか?

 

 

Oxford Languagesの定義によると

さいのう 【才能】: ある個人の素質や訓練によって発揮される、物事をなしとげる力。

 

と説明されていますが、

こう考えると「才能ってパッと魔法のようにできることではないものでは?」と思うのは私だけでしょうか。

 

〝訓練によって発揮される〟

〝物事をなしとげる力〟

も含めて才能なので、トレーニング次第であるという希望が持てそうです!

 

 

そういえば私の文章に関するトレーニングでいえば、

幼稚園生の頃に365日×3年間

母のおかげもあり、

毎日、絵日記を書いて(描いて)いました。

 

diary.jpg

特に年少さんの頃(2/26)は

「菜穂の だいすきな さくらんぼと いちごが

おきゅうしょくにはいっていました。

ぜんぶ たべました。」

と、まるっきり才能を感じません。

 

 

2月に書いたものなので

8月生まれの私は4歳半です。

 

空白がよくわからないところで入っていますし、

好きなものを食べた報告です。(笑)

 

でも、才能がない文章からスタートしても

この3年間(1,095日)の糧があって小学生になるか、

この糧がなくて小学生になるか。

diary.jpg

 

↑幼稚園生の頃に3年間かけて書き続けた

21冊の日記です。

 

その後、小学4年生の頃は

担任の女の先生が好きで先生と仲良くなりたくて

毎日日記を書いていました。

 

先生は書いたらフィードバックをしてくれたので

この1年間でだいぶ文章力が上がりました。

 

 

中学生の頃はメールマガジンを行い

ここでも8ヶ月間はほぼ毎日のように

文章を書くことに。

 

高校生の頃は文章にまつわる

ピントくる話がないのですが、

大学時代は工学部から卒業成果の論文を仕上げ、

日本生活学会へ提出をして発表をしています。

 

 

人より圧倒的に書いてきた量が多いので

仕事にすることができました。

 

質の前に、まず量です。

そしてそのスタートは年齢に関係ないものだと信じています。

 

 

読んでもらえる文章は相手の目線に立って伝えること

women.jpg

まずは文章をたくさん書き、量をこなしていきますが

今度はどのような視点で書くといいのか?ということをお伝えします。

 

私はいつも、お客様の文章を代行して書いたり

フィードバックをするときに

・発信者である目の前の方が伝えたいことはなんだろう?

・読み手である未来のお客様が知りたいことはなんだろう?

という両方の視点でヒアリングをして

書き上げたり、

書くためのアドバイスをしています。

 

この両者の視点を頭の中の白紙にまとめていき、

重なり合うところをひたすら模索をする。

 

これがうまくいった時に

しっかりと理想のお客様に響く文章ができます。

 

 

「Instagramは女性集客にぴったりなので使いこなした方が絶対にいいですよ!」

とお伝えしたいですし、お伝えしています。

 

しかし、これを聞いただけではどうでしょうか?

言葉を受け取ったお客様は、こんな疑問を思うでしょう。

 

「そんなことはわかっているけど、具体的にどうすればいいの?」

「なぜTwitterではなくInstagramなの?」

「使いこなす自信がないなぁ・・」

など。

 

その質問を想定して、

「今回はこの質問や疑問を抱いている方にメッセージをお伝えしよう!」

と自分で決めて答えを書くのです。

 

ほかの例として、新しい化粧水を宣伝したかったら

「新しい化粧水を当サロンで扱うことになりました!」

と伝えたいとします。

 

心の声まで代弁するなら

「みなさん、ぜひ買ってください!!」

でしょうか。

 

しかし、読者のみなさんはこれだけが知りたいわけではありません。

むしろ他人の宣伝には興味がない人がほとんど。

 

 

そこで想定質問として

「今までの化粧水と何が違うの?」

「どんなお悩みを持っている人に一番効果的なの?」

「私はその化粧水で変わるの?」

など、など・・

 

だからこそ、発信をする際に

「これが新しく出ました!」

だけでは人の心が動かないのです。

 

もし行動を起こしてくれたとしても、

よっぽど信頼関係のある人だけです。

 

新規のお客様の心は動きません。

 

自分が伝えたいことを伝えた時に、

読んでほしい相手はどのようなことを知りたくなるのか。

ぜひここまでご一緒に考えてみてください。

 

 

「この商品を買おう!」「このセミナーに行こう!」と思っていただける文章とは?

読んでほしい相手、未来のお客様の目線に立って伝えると決めたところで

具体的にどのように書くか、ということが次のテーマです。

 

いくつかポイントはありますが、

今回はこれ!というオススメを1つだけ厳選しました。

 

文章以外でも共通する、人の心理と関わることですが

お客様は商品やサービスを購入する時に

『ワクワク感』と『不安感』を同時に抱きます。

 

みなさんも自己投資のお買い物をする時に

そんな両極端の感情を同時に抱きませんか?

 

例えばメールマガジンでもオススメした

Amazonオーディブル。

 

amazon.jpg

1ヶ月1,500円で好きな書籍を

1冊ダウンロードができ、いつでも好きなときに聴くことができます。

 

人気作家さんのベストセラーなど

洋書を含めると40万冊も用意されています。

 

これによって

ながらの時間(お料理の準備、掃除の最中、お散歩中etc)の有効活用

ができることが何よりの魅力です。

 

しかも

・倍速は0.5~3.5倍で変えられる

・プロが朗読をしているので、良質な音声

・YouTubeのように途中で広告が入らないのでストレスフリー

 (でも私はYouTubeもプレミアム会員なので、広告なしですが。笑)

・会員なら聴き放題のビジネス系チャンネル(NewsPicksアカデミアやビジネス書の要約チャンネル・Flierなど)などラジオ番組も色々あって嬉しい

というのも嬉しいですよね。

 

 

Amazonオーディブルがあることによって、

自分がこれまで架空に過ごしていた時間が

価値のあるインプットの時間に変わると思うとワクワクしませんか?

 

それと同時に購入に対して不安もあるかもしれません。。

 

 

が、そこに対しても万全の対策が。

なんと、1ヶ月だけお試しで無料で会員になることができるので

自分に合うかどうかがリスク0で試せます。

 

 

もし会員になって

これまで音楽を聴く習慣がなく

「あまり使わないな」

と思ったら解約手続きもできるので、

「ちょっと試したい!」が手軽に叶います。

 

(そして解約をした後も、購入をした書籍は自分のものとして

読み続けることができるそうです。)

 

それであれば、私は

自分の中で架空になってしまっている時間の

有効活用方法であるAmazonオーディブルをまず登録してみて

生活の一部に取り入れてみる

ということを体験した方が

知識が広がり、人生の可能性が広げられることに繋がると思います♪

 

これが読み手のワクワク感と不安感を

どちらにも答える文章なのですがいかがでしょうか?

 

読み手の人に

「あなたの生活にこの商品やサービスが加わるとこうなりますよ」

とお伝えしながら

「でも買うにあたってこんな不安が・・」

という両面に答えた文章なのですが、いかがでしょうか?

 

ちなみにAmazonオーディブルはとってもオススメです^^

 

さて、今週の内容もみなさんの情報発信や集客、PRのお役に立てたら嬉しいです!

本日もありがとうございました^^

 

 

 

上村菜穂 プロフィール

女性集客講師

〝SNS初心者でも半年で月10名を集客できるメディアづくり〟をコンセプトに
自身の開催イベントでは女性を延べ1,000名以上集客してきた。

そのノウハウを法人・コミュニティ向けに東京・大阪・福岡をはじめとした全国で
延べ2,000名以上に向けて講演活動をするほか、
女性起業家向けの集客・PRコンサルティングを主軸に事業を行っている。

Google、Yahoo、いずれもの検索エンジンの『女性集客 インスタ』にて1位を独占。


ライターとして、20代女性向けの集客やPRを強みに、2015年に学生から個人事業主として独立。
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、今後は女性起業家のコミュニティー形成を目標にしている。

■主なメディア・法人実績 (敬称略)

・研修講師
「楽天大学」(株式会社楽天)
「ロートビューティーマイスターへSNS集客&プロモーション研修」(ロート製薬株式会社)
「お客様から愛されるSNSのお作法
〜集客UPにつなげるプレミアムレッスン〜」(秋田県信用保証協会 創業支援チーム 女性創業支援 チームポラリス)
半年間のサロンオーナー様向けアカデミー研修講師(株式会社UTP)
女子大生向けの人生設計を講演(株式会社サイバーエージェント)(株式会社マイナビ)など。

・ライター
「by.S」(株式会社サイバーエージェント)、「起業サプリジャーナル」(株式会社ネオキャリア)、「GOLMAGA」の女性向け企画・ゴルフ美人インタビューの企画、インタビュアー(東急電鉄)、福島 震災復興取材(近畿日本ツーリスト)、「家事大学」(株式会社ベアーズ)など。

・その他
秋田魁新報社(2019/10/26、2019/10/30)掲載
「おはよう日本 まちかど情報室」(NHK)
2016年五月祭にて「教育のできない人は起業を諦めなさい」(東京大学)
会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演など。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール

 

———————

♢メールマガジン

1,000名以上の集客経験から女性集客ノウハウをお伝えする無料登録プレミアムメールマガジン

『SNS初心者でも半年で月10名集客ができるメディアづくりの秘訣』

 

♢お仕事依頼のお問い合わせ

→講演・ライター・インタビュアー・講師等のご依頼、ご相談をお待ちしています。