一昨日、マガジンハウスさんの雑誌『Hanako』の公式サイトにて

取材していただいた記事が公開されました!

 

第46回 ハナコラボCLOSE-UP

「削れるものは削って、女性のファンを増やすお手伝いをしています」

/〈株式会社PR NET〉CEO・上村菜穂さん

 

https://hanako.tokyo/column/hanako-labs-close-up/251639

 

 

この記事の前半はお仕事のこと、

後半はプライベートのことをご紹介いただいています^^

 

取材を通して、個人事業主としてスタートをする中で

やってきたことで成果に結びついた行動があったと思い返すきっかけになりました。

 

そこで今回は

『Hanako.tokyo(ハナコ・ドット・トーキョー)』さんの記事をもとに、

『個人事業主駆け出しの時にやってよかった2大戦略』

ということでご紹介していきます!

 

 

 

では、個人事業主駆け出しの時にやってよかった2大戦略です。

 

1、スタートダッシュは〝認知〟に全力を注ぐ

writing.jpg

大学院に在学し休学をしながら

個人事業主を目指しているときに行ったことが認知をしてもらうことです。

 

何をしたかは記事に詳しく書いてありますが、

・毎日本気で記事を発信しているか?

・読んでくれている人に焦点が当たっている記事なのか?

 

ここがすごく大切です。

 

 

どんなに発信をしても「なんとなくの発信」ではもったいないです。

 

この時に考えていたことは

 

「読んでくれた人がつまらない・・と感じる記事を書いてしまうと、

もう二度と見られないかもしれないから、

読んでくれた時間を無駄にしないようにしよう」

 

と思っていました。

 

 

 

この時の考えに補足をするなら、

今は「読んでくれた人の中でも、私が届けたい情報に合っている人」

というのが正確になりますが、

 

(今なら女性集客やPRに悩みを感じていて、

このスキル・能力を伸ばしたいと思っている人)

 

「読んでくれた時間を無駄にしないようにしよう」

という初心は非常によかったなと思います。

 

 

 

だからこそ、SNSでの発信で迷走している人に伝えたいのは

 

その発信は、上村菜穂さんの情報を必要としている人が読んだ時に

〝読んでよかったな〟

〝また読んでみたいな〟

と思う発信になっていますか?

 

ということです。

 

 

もし宣伝ばかりしていたら、

読んでも「また宣伝か・・」と思ってしまいますよね。

 

信頼がある上での宣伝が効果を発揮するのであって、

宣伝をしたから宣伝できるわけではないことを思い出してください

 

 

そしてここに関してもう少し補足をすると、

「毎日、発信なんてできない」

という意見もよくあります。

 

それぞれのライフスタイルがあるので

発信は人に強制できるものではないです。

 

 

ただ、一つだけ知っておいてほしいのが、

自分が「発信なんて毎日できない」と思っていて行動をしない裏で

 

誰かは頑張って睡眠時間を削ったり

いろんなことを優先順位を考えて

発信の時間を作っている人がいるということです。

 

 

 

特にネットの世界で人が自由に繋がれるからこそ、

自分がやらなくても、

誰かがやっている。

 

スタートダッシュは早い方が有利なビジネスで

もうやっている誰かがいる。

 

追いつくために同じ量でいいのか?

ということです。

 

 

 

 

2、得意分野を的確に伝える

 

 

記事の中に

「おかげで、徐々にお仕事の依頼が来るように。次に『賢者屋』での経験やつながりを活かして、向上心の強い女子大生に向けた記事が得意だとアピール。人材採用に関するパンフレットも手がけるようになりました」

と書いてあります。

 

 

 

このように

「ライターだからライターです!」

ではなく、

 

「ライターの中で向上心の強い女子大生に向けた記事が得意です!

とお伝えしていくことがとても大切です。

 

 

これは何もネットに限らないのですが、

でもSNSのようにネットの世界だと

より一層、自分ができる価値をわかりやすくお伝えする必要があると思います

 

同じ肩書きの人たちの中で

自分は何ができるのか?

 

それをお伝えすることによって、

価格の安い競争から抜け出すことができます。

 

 

しかもここでよかったのは、

需要がある領域に定めたことです。

 

ステップを以下の3段階で比較してみます。

 

 

 

1、ライター

:たくさんいるので、駆け出しの自分は選ばれない

2、女子大生に向けた記事が書けるライター

確かにその世代にリーチをしたい人たちが一定数いる。
でも美容なの?ファッションなの?恋愛なの?何が得意かわからない

3、向上心の強い女子大生に向けた記事が書けるライター

就職活動生を採用したい企業からしたら「気になる!!」というオファーに。

 

 

 

 

ここの3つ目になる領域を定めて、お伝えできれば強いので、

ぜひここまで定めてみてください^^

 

 

また、このブランディングがモヤモヤする・・という方は

個別コンサルティングでブランディングのお手伝いをしているので

お気軽にお申し込みください♪

 

発信に関してはSNS集客セミナーInstagram集客セミナー

定期的に開催しています!

 

ここまでご一読いただいたみなさまを

お目にかかれますことを楽しみにしています。

 

 

上村菜穂 プロフィール

株式会社PR NET 代表取締役

〝広告費をコストカットして理想のお客様が集まるSNSづくり〟をコンセプトに
自身の開催イベントでは女性を延べ1,000名以上集客してきた。

そのノウハウを法人・コミュニティ向けに東京・大阪・福岡をはじめとした全国で
延べ2,800名以上に向けて講演活動をするほか、
女性起業家向けの集客・PRコンサルティングを主軸に事業を行っている。

Google、Yahoo、いずれもの検索エンジンの『女性集客 インスタ』にて1位を独占。


ライターとして、20代女性向けの集客やPRを強みに、2015年に学生から個人事業主として独立。
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、
集客・PRの再現性あるノウハウを構築中。

■主なメディア・法人実績 (敬称略)

・研修講師
「楽天大学」(株式会社楽天)
「ロートビューティーマイスターへSNS集客&プロモーション研修」(ロート製薬株式会社)
「お客様から愛されるSNSのお作法
〜集客UPにつなげるプレミアムレッスン〜」(秋田県信用保証協会 創業支援チーム 女性創業支援 チームポラリス)
半年間のサロンオーナー様向けアカデミー研修講師(株式会社UTP)
女子大生向けの人生設計を講演(株式会社サイバーエージェント)(株式会社マイナビ)など。

・ライター
「by.S」(株式会社サイバーエージェント)、「起業サプリジャーナル」(株式会社ネオキャリア)、「GOLMAGA」の女性向け企画・ゴルフ美人インタビューの企画、インタビュアー(東急電鉄)、福島 震災復興取材(近畿日本ツーリスト)、「家事大学」(株式会社ベアーズ)など。

・その他
秋田魁新報社(2019/10/26、2019/10/30)掲載
「おはよう日本 まちかど情報室」(NHK)
2016年五月祭にて「教育のできない人は起業を諦めなさい」(東京大学)
会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演など。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール

 

———————

♢メールマガジン

1,000名以上の集客経験から女性集客ノウハウをお伝えする無料登録プレミアムメールマガジン

『SNS初心者でも半年で月10名集客ができるメディアづくりの秘訣』

 

♢お仕事依頼のお問い合わせ

→講演・ライター・インタビュアー・講師等のご依頼、ご相談をお待ちしています。