アーカイブ

「強み」は得意なことではない。もっと大切なのは、◯◯感があるかどうか


girl-511880_640

 

個人事業主というと、自分の武器となる強みがあるように思われます。

では「強み」とはそもそも何なのでしょうか?

 

得意なこと?

それも一理あるけれど、答えは「得意」だけではありません。

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える・自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

 

 

ヒントは小学生の運動会のリレーで

「俺アンカーやる!!」

と断言できちゃう男の子の姿勢にあるかもしれません^^

 

もっと大切なもの。

 

それは…

 

 

 

ある本に書いてあったので、私なりにそこから深く考えてみました。

 

新卒で伊勢丹に入社し、その後はセブン&アイやイトーヨーカドーの取締役などご活躍をされた藤巻幸夫さんの書籍『自分ブランドの教科書』に書いてありました。(P38)

 

自分の武器(強み)とは、責任を負う力のこと。

リスクを背負って仕事に臨めるようになってこそ、はじめて自分のものになる。

 

 

 

この言葉が印象に残ったので、今回はそれを軸に話しを展開していきます。

 

 

冒頭でもお伝えした、

小学生、もしくは中学生のときの運動会で

「俺アンカーやる!」

と断言しちゃう男の子っていませんでしたか?

 

彼らは運動神経がいいのはもちろん、

運動会という多くの人が見る場でも一番の要を「やる!」と言い切れるのは

足の速さの自信に加え

「自分がこのチーム(クラス)を勝たせる!」

もしくは

「自分が走らないで誰がやるんだ!」

という〝責任感〟があるからではないでしょうか?

 

 

そんな話しを思い返しつつ、

私もフリーランス(個人事業主)になる前のことを振り返ってみました。

 

 

 

例えば私は、経営戦略において集客はどちらかというと得意な方。

 

けれど始めからできたなんていうことはなくて、

2014年度当時、学生が月間2,000名以上集まるフリースペース『賢者屋』をやっているときに

『なでしこ大学』という女子大生向けのイベントをしたときに相当苦労をしました。

 

 

 

はじめは自由にやっていたが、徐々に経験をこなしていくと

代表が協賛企業様のイベントを任せてくれたので担当してみると…

 

 

 

30名集める予定が結果9名。

 

 

 

某大手企業で業界トップの会社の若手エースの女性を連れてきてくださった企業さんの人事の方には、

 

「賢者屋さんが30名は最低限集めるといったので、うちのエースのN(女性)を連れていったんです。

けど約束を守ってくれないと、こちらは今後信用できません。」

 

という言葉をかけられてしまったこともあります。

(結果を出せなかったので、叱られて当然のことだけれど)

 

 

イベント中も罪悪感でいっぱいだったけれど、

エース社員のNさんという人はそんな私に

 

「人数少ないことに自信をなくさないで。

来て喜んでくれている人はいるんだから、自信持っていいんだよ!」

 

と目をしっかりと見つめて声をかけてくださいました。

 

 

このとき先方の企業さんや

賢者屋の他のメンバーたちにも、自分の責任で賢者屋の信頼を下げてしまったり、

失うことは本当に申し訳ないことで悔しかったのです。

 

 

よくも、悪くも性格上なのか

それとも個人競技の出身者だからなのか、

私は自分の責任を自分で負いたいという気持ちが強い。

 

(それもあって、ライターになる前から、自分で事業を行うことに強い興味を示していました)

 

けれど自分で責任を負いたいなんていう理想を掲げていても、

現実は私ではなく賢者屋への信用がなくなってしまった。

 

 

それを自分が犯してしまったことがとても悔しかったのです。

今でも鮮明に覚えているくらい。

 

 

 

 

だからこそ、集客に対しても深く考えるようになったし、

努力をして、そのできなかったことを克服しました。

 

 

 

それで多少、ブランドのない個人でも集客ができるようになって、

「集客できます」という言葉を自分の強みとして用いることが多くなると

そこに責任感も持つようになりました。

→藤巻さんの書籍を読んで気がついたことなのですが。

 

 

 

強みというのははじめから備えているものももちろんあると思うけど、

多分、99%が努力なのではないかと思うくらい

後から努力で形成されるものもたくさんあると思います。

 

 

そして「ちょっとできる」から宣言をしていくと

(なぜ宣言が必要なのかに関しては、自分を選んでいただくため。

お客様からしたら、「あなたは何ができるの?」という話なので)

そこに責任感というものが一層のしかかる。

 

それをクリアすることでより強固なものになる。

 

 

 

ひとつ注意すべきは、失敗したときに折れて止まることです。

 

 

それが一瞬ではなく、時間が長ければ長いほど

あなたは止まっていたも、周りが上昇するので結果差が出てしまいますよね。

 

 

イメージとしてはエスカレーターの逆走をするようなもので、

自分が止まっていては、すぐ底辺に落ちてしまうのだから。

 

 

だから武器の始まりは失敗かもしれない。

それを改善して責任を負った数だけ、より強い武器になるのだと思います。

 

 

 

なので強みの本質は「得意」ではなく「責任感が持てるか」。

 

 

あなたは何を強みに、

どうブランディングをしていきますか?

 

 

mothers-day-613935_640

 

 

フリーランス(個人事業主)に関心のある女子大生の方向けのイベントも開催しているので

ご興味ある方はぜひお待ちしております^^

 

 

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える。自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

自分のアイディアをカタチにして、

それを人の役に立てるというフリーランスや起業に興味を持ったものの…

 

・まず何をしたらいいのかわからない

・自分にいまいち自信が持てない

・そもそも計画の立て方がわからない

 

そんな女性大生の方を対象にしたイベントを開催します!

 

 

■ご提供中のメニュー

Menu

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

■Profile

Profile

 

ブランディングできている人に共通をする◯◯な特徴


電子書籍で〝ファンづくりブランディング〟なんていうタイトルで出版したのですが、

その由来は、もともとはあることへのコンプレックスが背景でした。

 

 

幼い頃からの習い事で

6年以上続いていたのはピアノと算盤だったり

(算盤は本当におすすめです。おかげさまで数字は好きに。)

あとは学生時代に頑張ったものは陸上競技だったり

なにかと個人競技がこれまでの人生で頑張ってきたものである私にとって

団体でなにかを成し遂げることはなかなかの苦手分野。

 

あること…というのは「団体プレー」です。

 

最近はこんな私でも

(勘違いでなければ。笑)ようやく慕ってくれる後輩の子たちができて

すごく嬉しくて、力になりたいのですが

今も昔も団体でやるものになぜか苦手意識があり、

自分の至らなさに何度頭を悩ませたことでしょうか。

 

 

けれど、そんなときに周囲の仲間や尊敬している方は

「確かに組織を率いてなにかやっているイメージはないけど、

ブランディングなら得意じゃん!」

という言葉をいただき

 

「こっちなら頑張る!」

と開き直ったのがきっかけだったのです。

 

girl-511884_640

 

 

*イベントお知らせ*
【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える
自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

 

私もわかるようになってから、お仕事もプライベートも楽しいお話が増えました♪

 

11991140_740053009454864_1013337299_o

 

撮影は落合絢香さん Profile

女子大生フォトグラファー。映像クリエイター。

〝自分らしい美しさを〟ということを大切に、今この瞬間のあなたをときめかす。ジャンルはアーティスティックとポートレートのいずれも担当し、女の子を女に、女を女の子に映し出す。

また、行動力やポジティブシンキングから、海外へ旅をすることが趣味。独自の楽しみながら学ぶ英会話はネイティヴも認める発音になり、これまでにボストン・バンクーバー・ニューヨーク・マルタへ短期留学をした。

→プロフィール写真等の撮影ご希望の方はご本人のfacebookへご連絡なさってください^^

 

 

*本題です

 

そんなわけで

「ブランディングってどうしたらできるんだろう?」と考えてみました。

 

例えば

・SNSで発信を毎日する

・USP(Unique Selling Propotision)という独自の売り込みを明確にする→他者との差別

・たくさん名乗る

…etc

 

が考えられて(→詳しくは電子書籍に書きました^^)

 

 

では「どういう状態になったらブランディングできている、と思っていいのかな?」

という疑問に至ったのです。

 

 

これはあくまで私の個人的な見解なのですが

その指標としては

「人に紹介してもらえる自分になったら」

だと考えています。

 

 

それが相手から見えている自分ですよね。

 

頻度は、はじめの一歩なら個人事業主やフリーランスなら

月に5名以上、新規のご紹介があればいいかもしれません^^

 

 

お世辞っていくらでも言えます。

 

けれど本音はその人がいないときに言うことが本音ではないでしょうか。

 

 

 

これは余談ですが

紹介ほど責任のあるものはないと思います。

 

と言いますのも、私は過去に何度か失敗したことがあるので

自分の反省も含めてのことなのですが…

 

紹介のミスマッチがあると

自分以外の2名以上の時間がムダになってしまうということなのですよね。

(もしくは片方にのみ、すごいバリューでwin-winではない)

 

 

 

だからこそ、

自分が求めているものをご紹介していただけて

相手にとってもそれがプラスだったときは、

ニーズとニーズが一致しているので正しく魅せられている。

 

つまり、正しいブランディングができていると思ってもいいと思うのです。

 

 

 

では、そんなブランディングの第一歩としてどのように魅せたいのかを考えるとき…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経験上、〝人生設計〟が必要です。

 

 

例えば私は建築学科を卒業しているのですが、

「建築のデザインを考えて」

「構造計算をして」

「設備設計でここはどのくらいの明るさがいい?」

なんて聞かれても困るのです。

 

(一応、卒業論文は優しい教授や親切な先輩のおかげで

『大正時代に女性の家事労働が削減された住宅システム』の家政学分野の研究はして提出をしました。)

 

 

そして私にとっても建築の知識が今はもう必要順位が高いものではないのです。

 

 

だから初対面の人との会話で聞かれない限り自分から

「建築学科を卒業しました!」

とはほとんど言わないです。

 

それは今の私の人生設計においては必要でないものだと認識できているからです。

 

 

ブランディングが少しでもできると、

(※私もまだまだではあるので1年前との比較をします)

・嬉しいお仕事が入る

・嬉しい人のご紹介がある

という有難いことが多いのですが

 

それよりなにより

ベースには人生設計があってのものなのです^^

 

 

 

*本日のまとめ

ブランディングができている人に共通するのは

人生設計ができた上で魅せ方がわかっているので、人に紹介されやすいということ。

 

ということで、開催&監修している人生設計女子会では

こちらのようなイベントを開催しています!

 

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える
自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

 

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・

 

■Profile

Profile

 

 

電子書籍『ファンづくりブランディング&ライティング法』も発売中です!

 

naho_book