アーカイブ | 4月 2016

なぜか問題解決ができない人の原因 〜論理で整理ができない真実の本質を考えてみて感じたこと〜

【主催イベント*起業したい女子大生10名限定】

理想を現実に。逆算思考で今からやるべきことを明確にするレッスン

5/21(日)18:00-21:00

 

 

今、きっと何もない悩みがない人の方が少ないかもしれません。

学業、仕事、人間関係、金銭面や将来のことなど。

 

なのでその問題を抱えている中で

なぜか解決できないことがある人に向けた記事です。

 

 

 

私自身も、つい先日悩んでいることがあって、

いつもは割と気に留めたことは解決できているorまだ完了形まではいっていなくても、

その解決の糸口になる行動ができていると思っているのですが

(もちろん膨大な時間がかかっているものも多々)

久しぶりにその解決の糸口が理解できない状態に陥ったので

 

 

「問題解決とは何か?」

と考えてみたのです。

 

 

 

私の中では

問題に対して、原因を分析して、解決策を導く。

という解釈。まぁそう教わったというのもあるし、高校生の頃に自然とこの流れで考え、陸上競技に取り組んでいたりしていました。

 

 

ちなみに大学生の頃にオススメの書籍ということでなんとなく図書館で手にして、よかった印象だけなんとなく残っている

『世界一やさしい問題解決の授業』を購入し、読んでみました。

 

 

しっかりとした記憶に残っていなかったのは

当時それほど大きな悩みがなかったのか、

ただ知識を使いこなすことができなかったのか…

なんか後者な気がしますが(笑)

 

 

その書籍を読み返すと、そこには(P19)

「問題解決とは現状に正確に理解し、問題の原因を見極め、

効果的な打ち手まで考え抜き、実行すること。」

と書いてありました。

 

 

実行はするものだったので書きませんでしたが、

まぁ確かに実行しないことにはいい計画も意味がない。

 

問題解決の基礎的な考え方はできている。

けれど、私はとある問題の解決ができない。

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

私はこれまで色々と問題解決をしてきたと勝手な勘違いをしていました。

 

 

なぜなら私がしてきた問題解決とは

ある固定のパターン、つまり

自分の好きなことや得意なことの問題解決だったからです。

 

 

例えば高校生の頃なら、陸上で伸び悩んだときに

何がいけなかったのか日記に書いていたり。

 

 

 

しかし、最近悩んだことによって

そもそも問題とは大きくわけて4パターンあるのではないかと思ったのです。

 

  • 好きなことや得意なことの問題(例:努力している中で更に飛躍するためのこと。私の場合は文章に関してや、高校時代なら陸上競技と好んで挑戦していたこと) 
  • 直面するまでは関心がなかったことの問題(例:突然の病気など) 
  • 嫌いなことや苦手なことの問題

 

あとは

  • 自分の努力ではどうも解決できない問題(例:地震などの天災)

があると思います。

 

 

分類に関しては人間関係でも

「好きな人・無関心な人(どうでもいい人)・嫌いな人」

に分かれるというから問題もそうなるのでは?と仮定してみました。

 

 

(他の考え方があれば教えてください。

ちなみに自分ではどうしようもない問題は、アドラー心理学だと「課題の分離」と言って、自分と他人の課題を分けて考えています。)

 

 

 

問題解決ができないのは

  • そもそも正しい考え方ができない
  • 正しい考え方はできるが、実行に感情が追いつかない。

のです。

 

 

 

そう、これが私の問題解決の定義の

「問題に対して、原因を分析して、解決策を導く。」と、

書籍の

「現状に正確に理解し、問題の原因を見極め、効果的な打ち手まで考え抜き、実行すること。」

の違いが大きく隠されていました。

 

 

これまでの私が意識的にしてきた問題解決は

好きなことや得意なことでさらに向上するための問題解決。

 

なので、実行を自然としていたのです。

 

 

けれどよくよく考えたら、苦手なことは解決しないで逃げてきた人生だった気もします。それで好きなことや得意なことをやっているような。

 

 

例えば大学では建築学科だったのですが、

デザインをしたり、造ることが苦手だなと気が付いたので

「私はこれではない気がする…他の道にいこう!」とあっさり諦めていました。

 

 

だけど今回直面したのは、

苦手と思っているけれど乗り越えたい課題

の問題解決でした。

 

(苦手と思っている ということに関して詳しくは昨日の記事のこちらをご参照ください。)

http://nahouemura.com/2016/04/23/no-strength/

 

 

 

ここでお伝えしたいのは

嫌いなことや苦手なことの問題解決だったとき。

 

 

好きなことの問題解決なら、自分がそのことに真剣であればあるほど

真っ向から解決するために必要なことに向き合える。そして、実行する。

 

 

関心のなかったことなら、

直面してしまった今、自分事になり必死に考えるでしょう。

(その重要度や緊急度にもよりますが)

 

 

最後の嫌いなことや、苦手なことは大切なポイントは

多くの人が論理だけでは解決できない問題のことだと思うのです。

 

 

もちろん稀に、このような問題にも真摯に向き合い、解決できる人たちがいます。

そう、ロジカルシンキングが強い人たちは。

 

 

 

自分で感情をコントロールし、向き合うべき課題に無駄なく立ち向かえる。

 

 

けれど感情を大切にすると言われる女性は特に、個人差はあるものの、

一般的にこういうことができる人が少ない傾向にあると思います。

 

 

だからこそ嫌いなこと、苦手なことへの感情が余計に問題を絡ませる。

 

 

 

 

論理の前に感情で負けて、問題解決ができない というケースもあるのかもしれません。

先日の私もそうだったのですが。

 

 

先日、悩んだことは「嫌いなこと・苦手なこと(正確に言うと苦手だと思われること)」の問題だったので、こうしたものにはどうしてもマイナスの感情が出てきてしまいます。

 

「やりたくない」

「できないかもしれない」

「挑戦するのが怖い…」

など。

 

 

 

なので私が思う、おすすめの方法は

 

そもそもなぜ嫌いなのか?なぜ苦手なのか? を探ることです。

 

 

人間は感情を持っているもの。

うまくこれをコントロールできる人もいるけれど、

そうでなければまずは自分の感情と向き合うことがスタート。

 

 

そうしたらもしかしたら

その分野に関して努力をしている経験が少ないorないから苦手と思っているのかもしれないし、

単なる食わず嫌いかもしれない。

 

もしかしたら…

心の傷、すなわち、トラウマと向き合わなくてはいけないかもしれない。

 

 

私の場合は、解決できなかったある問題とは

〝チームでやることへの抵抗がなぜこんなにもあるのか〟

を考えても分析しきれていませんでした。

 

(→これまでもなんとなく活動はしていたけれど、どこか腑に落ちませんでした。けれど今、納得をして落ち着いているのでこうして記事にしてまとめています。

同じような想いをしている誰かの役に立ったらいいなと思って。)

 

 

 

このことに気がついて、

今までしていた好きなことの問題とは違い、

何か違和感のある問題解決は

〝過去のトラウマに向き合わないといけない〟という勇気が必要なときもある。

ということがわかりました。

 

 

だから自分が望んでいる道を進んでいる人の書籍や

今の時代はyoutubeという便利なものがあるので読んだり観たり。

 

尊敬する人を思い浮かべて

「この人だったらどう考えるんだろう?」

と考えてみたり。

 

 

 

 

私がチームに抵抗がある理由も思い出し、

そのコンプレックをどう解釈をすればいいのか

調べ、考え、わかったことは

〝人に裏切られてしまうことは、よくあることだ〟

ということです。

 

 

そしてそれを、結果を出している人はみな、そうした嫌な過去、傷付くような過去を

「忘れることにしている」という言葉や「次に活かす」など

どんな回答かは個人のキャラクターによるけれど、

みんな未来を見ているということがわかりました。

 

 

 

そしてお世話になっている方が勧めていた、こんな本も手にとってみました。

『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』 著:厚切りジェンソン

 

その27個目のWhyが「他人を信じられない」でした。(P94)

他人を信じるかどうかはチョイス

  • 信じない

→孤独で限られた経験しかできないけど確実に裏切られない

  • 信じる

→愛情と経験豊かだけど裏切られる可能性はある

どっちがいい?

僕は(2)だけど、両方の生き方がある。

 

 

 

私の場合は小学生くらいの頃から近い人に裏切られてしまう経験を、

もしかしたら人より多くしてしまったかもしれません。

 

それによって、どこか塞ぎ込んでいる自分がいたのも確か。

自分がこれ以上傷つかないように、つまらないところで閉ざしていたものがあった気がします。

 

(今、振り返って思うのは、自分に非があると思うところは認め、

妬み・嫉妬社会の傾向があるこの国では、それは仕方なかったと割り切るのもひとつだなと。)

 

 

でも、そんな過去に振り回されて、自分で自分を被害者にし続けた未来には何があるのでしょう?

 

 

 

それなら、もしかしたら裏切られることがあるかもしれないけれど、

愛情と経験が豊かな人生を送りたいなと感じたのです。

 

 

 

そもそも裏切られたときに、それが近い人であればあるほどショックは大きかったけれど、自分が正しいことをしていれば、他の誰かは近くにいてくれたもの。

 

このときに誰もいなかったら、それは私が人として間違っていることをしてしまっているはずだけれど。

 

 

だからきっと、真摯に努力をしたり、誠実に行動していれば、

本当に大切な人だけがいてくれると思います。

 

 

人はみんな違っていいのだから、

お互い惹かれるものがある人、共感や尊敬、信頼がある人を大切にすること。

 

 

 

こうした気持ちの整理、感情の整理ができると

今度はしっかりと論理に向き合うことができました。

 

 

 

 

だからもし何かに悩んだとき、立ち止まったときは

まずその問題が何に分類されるのか。

 

 

 

ロジックが得意な人はやらなくてもいいor自然に感情とわけて考えられるかもしれないけれど、

そこについ感情を入れてしまう人には

先に感情を整理して論理で分析、解決をしていくのはおすすめの方法です!

 

 

 

【今回の記事『なぜか問題解決ができない人の原因 〜論理で整理ができない真実の本質を考えてみて感じたこと〜』のまとめ】

■問題解決とは

問題解決とは現状に正確に理解し、問題の原因を見極め、効果的な打ち手まで考え抜き、実行すること。

(『世界一やさしい問題解決の授業』より引用)

 

 

■問題の傾向は人間関係と同じ4パターン

  • 好きなことや得意なことの問題(例:努力している中で更に飛躍するためのこと。私の場合は文章に関してや、高校時代なら陸上競技と好んで挑戦していたこと)
  • 直面するまでは関心がなかったことの問題(例:突然の病気など)
  • 嫌いなことや苦手なことの問題
  • 自分の努力ではどうも解決できない問題(例:地震などの天災)

 

 

■問題解決ができないのは

  • そもそも正しい考え方ができない
  • 正しい考え方はできるが、実行に感情が追いつかない。

 

→前者であるなら正しい考え方の人と一緒に行動するべきだし、

後者ならまずは感情の整理からすること。そのとき、なぜその感情になってしまっているのか向き合うこと。その後、「問題解決とは」の定義に従い実行していくこと。

 

 

悩んでいる、誰かの何かの参考になれば幸いです^^

 

 

 

【information】

■5/21(土)の18:00-21:00

 

自分のアイディアをカタチにして、

それを人の役に立てるという起業に興味を持ったものの…

・まず何をしたらいいのか

・自分にいまいち自信が持てない

・そもそも計画の立て方がわからない
そんな女性大生の方を対象にしたイベントを開催します!  今回の記事のテーマである問題解決も*

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える。自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

■ご提供中のメニュー

Menu

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

■Profile

Profile

 

「自分には強みが何もないです」という女子大生のあなたへ

5/21(土)18:00-21:00

【起業したい女子大生10名限定】 理想を現実に。逆算思考で今からやるべきことを明確にするレッスン

 

15411688388_01fdf97d79_z

 

 

人生設計女子会の活動を通して、色々な女子大生の方にお会いする中で

よく言われるものが「自分には(強みが)何もないです」

という一言。

 

 

ライターという職業柄、文章力というスキルを持っている私だからこそ

そう言われることが多いのかもしれません。

 

 

ライターだと

「私には文章を書く才能がないので羨ましいです」

 

「強みがひとつあるっていいですよね!」

 

と言われることもしばしあります。

 

 

 

 

けれど私はその言葉は誤解だと思うところもあるので

そこに関して述べていきます。

 

5432508310_57a99fd800_z

 

 

なぜなら文章力というのは才能ではない、努力で手に入れたものだから。

 

 

 

もしも私がプログラマーだったら

「私にはプログラミングをする才能がないので」

なんて言われないと思うし、

 

陸上部だったので

「私は走るの苦手で…」ともよく言われましたが

棒高跳びの選手だったら、

「私は棒高跳びが苦手で…」

とは言わないでしょう。

 

(文章は身近な分、できる人は才能と思われることもあるのですが)

 

 

もちろん人だから相性もあるし、

本当に苦手なこともあると思います。

 

 

私も苦手だと思っていたことがいくつかあるし、

それで悩んだりもしました。

 

 

悩んだ挙句、至った結論は

「苦手というのは自分の錯覚で、本当は努力が足りないだけなんじゃないか。」

と気が付いたのです。

 

 

具体例を挙げてしまうとチームプレーを苦手だと思っていました。

 

けれど個人種目出身の私は、

チームプレーが得意そうに見える人たちほど、

「チーム」という観点で努力をしてきた経験が少ない。

 

 

その人たちが周りを見ている時間があれば、

私は己を見つめ、高めることにだけ集中をしていたから。

 

 

だからチームを見る努力をしていた時間が少ないから

ほかの人たちよりできない。

 

 

なのでここからの道は大きくわけて2つ。

  • 個を極め、チームという概念を捨てる
  • はじめは試行錯誤しながらでもチームに挑戦をしてみる

に分かれます。

 

 

どちらを選ぶかに正解はなくて、その本人が納得をする方が正解になる。

 

 

私は自分の人生を速くと急ぐのではなく、

着実に結果を出して大きくする方を選びたいから

試行錯誤しながらでもチームに挑戦してみたいと思いました。

 

 

 

一番大きかった理由は、

「ようやくビジョンに共感をしてくれる心強い仲間がいてくれているんだ。」

と実感できたからでしょう。

 

 

 

その中で〝個〟を磨いたときに、

チームの強みのひとつとして自分が機能する。貢献できる。

そして、ほかの誰かの役に立てる。

 

 

 

 

だから今、「自分に何もない」と言っている人は

どうなりたいのかを考えてそこから逆算をして何を身につけるのか考えるべきだと思います。

 

 

本当に苦手なのか、そもそも努力をできていなかったのか。

真剣に考えてみてほしいです。

 

そして本当に苦手なら、

その苦手な中で努力して得た別のものにフォーカスがいくし、

努力不足ならやるしかない。

 

 

特に、この記事の対象である女性大生の方なら

これからの人生の時間はあるわけなので

「女性は我慢しなくてはいけない」

といういろんな大人の方の声を聞いて、信じて、学生のうちから自分の将来の可能性を諦めないでほしいと思うのです。

 

嘘ではないので耳をふさぐ必要はありません。

けれどその現実を知って諦めるのと、

その現実を知って、自分はどうするのか考え、行動するのでは

切り拓ける未来は全然違うはず

 

 

(ビジネス番組や書籍を読んでいると、何歳からでも人生は展開できるんだ!という事例もたくさんあります。

だからきっと年齢は関係ないけれど、諦めるのが早ければ、自分の時間が減るのは間違いありません。)

 

 

それと同時に「自分に何もない」というほとんどが間違いで

努力をし続けているものを覚えていないのかもしれないし(当たり前になりすぎていて)

「何かを続けたことがないです」という人は、はじめは大変だと思うけど徹底的に自己分析をしてみるべき。

 

 

どこかに、あなたが気がついていない一貫した何かのキーワードがあるはずなので。

 

 

例えば、これまで好きになった人の外見も全然違うし、性格も違う気がすることが多く「そのときに好きになった人がタイプ」と思ってしまうこともあるかもしれない。

見つけるのは大変だけれど、

ここにも共通した一貫性があるのと同じように。

 

 

例えば、リーダーには色々なタイプがあるので

上からいく統率的なリーダーや

下からみんなを支えるリーダーなど

「私は豪快な人が好きなのか、優しい人が好きなのかわからない!」と言っている女の子の話を聞くと、一見全然違うけれど、

どちらも慕われていてリーダーシップのある人が好きだったと一貫性があったりもする。

 

 

なので表面に流されないこと。

あなたがこれまでの人生で時間を使ってきたことには必ず意味があるでしょう。

 

 

なので、その意味を考え、

なぜ好きだったのか。

どんな努力をしていたのか。それはなぜか。

そんなことを徹底的に考えてみたら、なにか新しい発見があるかもしれませんよ!

 

 

時間はものすごくかかります。

何ヶ月考えても、何年か考えてもしっくりこないかもしれません。

 

私自身も、はじめ自分が何をしたいのかわかるまで考えた時間は

10ヶ月は優にありました。

 

 

そして、その後にブレたこともありました。今は確固としていて、当分大きなショッキングなことがない限り、もしくは市場が変わらない限り、

個人事業主というものを選択できる女性を増やして

家庭も仕事も大切にする女性のPRをサポートしたいという目標は変わらないでしょうけれど。

 

 

「自分には何もない…なんていうのはなかった」ということに気が付くはずなのです!

 

 

 

 

なので5/21(土)の18:00-21:00に

自分のアイディアをカタチにして、それを人の役に立てるという起業に興味を持ったものの…

 

  • まず何をしたらいいのか
  • 自分にいまいち自信が持てない
  • そもそも計画の立て方がわからない


そんな女性大生の方を対象にしたイベントを開催します!

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える。自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

■ご提供中のメニュー

Menu

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

■Profile

Profile

 

横浜赤レンガ倉庫で開催の「Red Brick Easter」 ウサギ×卵の花パーク

 

みなとみらいにて24日まで赤レンガでやっている「Red Brick Easter」に*.゜

 
13055418_877273109065426_4850134539578362880_n

 

卵とウサギをモチーフにした花の庭園は可愛くて、平日の日中に行ったのですが、子供達でいっぱいでした。

 
12994487_877273239065413_8130219837221577315_n

 

13000353_877273375732066_7911732468196456475_n

 

13000135_877273142398756_7909796800294922196_n

 

3歩あるけば子供から
「可愛いー♡」
という声が聞こえて、いるだけで幸せになる空間(*^^*)

 
12998472_877273192398751_65789527957640214_n 13015152_877273165732087_5388641309233989033_n

 

13001275_877273419065395_7711562080632658562_n

 

こんな癒しの空間は、行ったときに十分な楽しみと、離れたあとはビジネスのヒント(楽しみの仕組み)を与えてくれます♡
冬は寒いので大好きな芸術も音楽ばかりでしたが、また温かくなってきたので美術館行ったり、こういう空間いろいろ見たりしよう^^

 

 

12998748_877273362398734_5489309336777481048_n

 

13007217_877273272398743_4005837340163236439_n

 

13007217_877273275732076_1948323288417280783_n

 

13010882_877273422398728_8314041788604372016_n

 

13012846_877273119065425_196239351691947645_n

 

お花の中にうさちゃんがぴょこんと出ていて可愛い^^

 

13012859_877273269065410_4961354469338280528_n

 

13015165_877273289065408_5036368262452917220_n

 

13015209_877273175732086_2105937746805132821_n

 

13043462_877273205732083_6669255706649810023_n

 

13051507_877273339065403_3751203636191260071_n

 

13061946_877273149065422_5727131417087441447_n

 

後ろに隠れているのは音符

 

13061983_877273359065401_7909768135571019038_n

 

13015432_877273379065399_5199521117846239891_n

 

またこういう素敵な空間に行きたいな♡

【人生設計女子会Vol.3】申し込みからの参加率が93%!52名がご参加のイベントになりました^^

先日の土曜日に開催した人生設計女子会Vol.3の様子です!
私は監修者としてはじめてのイベントで、
頼りになるメンバーのみんながイベントを作り上げてくれました(^^)

 

20160416 人生設計女子会3_4487 
ご参加者の方の貴重な時間をいただいたのはもちろん、
お世話になっている女性の方にもご一緒にゲストとしてお越しいただいたのでなんとかいいものにしたかったのですが、
この規模感で90を超える参加率には驚きました。
 
 
この日まで、メンバーのみんなはLINEで呼びかけを細やかに行っていたり、
HPのトップ画やチラシのデザイン・配布、LINEアカウントの作成など、私が知らないところでたくさん動いてくれていたお陰です!
20160416 人生設計女子会3_4436
 
 
ご参加者の方々からは
 
「貴重な講演が聞けて、じゃあ今の自分はどうなのか、取り入れられそうなものはあるのかを考えることができたからです。また、自分と同じような不安や疑問を持ち、問題に立ち向かっている人が、こんなにもいると知れて自分も頑張ろうと思えました。」
 
「やりたいこと就職についてただ不安を感じていたのですが、今日からできることや考え方を教えて頂いたので、少し具体的に将来について考えられるようになりました。そのため大満足です!」
  
「Mさんのお話も上村さんのお話も、そして代表で大学の同級生である大森さんのお話もどれもメモを取る時間さえももったいないくらい貴重なもので、一言一言が胸に突き刺さったし、とても勉強になりました。
フリーランスとして行っている実際の人の生の声を聞けたこともよかったし、運営スタッフが同い年の大学生であることもとても魅力的でした。」
 
などのご感想をいただきました。
 
 
 
人生設計女子会でLINE@を作成しました!
今後はそちらに情報を発信していきますので、
ぜひご登録くださいませ^^
13046143_675362269268643_660732173_n
 
6月にはメンバーのみんなが主役で
『女性の働き方について考えるワークショップ』
を開催する予定です!
 
 
ご参加してくださったみなさん、
大変ご多忙な中ゲストとしてご協力をしてくださったMさん、
動画や撮影を手伝ってくれた金井君
会場ご協力をしてくださったアイデムさん
人生設計女子会のみんな
本当にありがとうございました(*^^*)
 
 
これからも人生設計女子会では、
自分らしい働き方の選択肢や、
プライベートも仕事も充実する女性になることをテーマに
女子大生に向けてお届けしていきます!
 
 
次回は5/21(土)の夜に
を企画しています*
20160416 人生設計女子会3_7597

男子禁制!?のアプリから学んだ 幸せな人生を送るために大切なのは◯◯◯◯力

【ついに今週土曜日開催!】

4/16(土)18:00-21:00 人生設計女子会vol.3~学生時代が決め手!!仕事もプイベートも充実した女性になるための3つのポイント~

 

幸せそうな人生を送っている人は

生れながらの環境がよかった人もいますが、

こんな不利なところから今の幸せを築き上げたんだ…と

感動するエピソードまで様々。

 

ではなぜ厳しい環境下でも、

それをバネにして立ち上がってこれる人がいるのでしょうか。

 

みなさんも、きっと幸せな人生を送りたいと考えていますよね。

仕事もプライベートも少しでも理想に近付けるために、どんな人でも大切なことがあります。

 

 

【本音の場こそ考え方がわかる。男子禁制の女子用SNS・chatee】

最近、女子大生の方が教えてくれたアプリで『chatee』

というものを再インストールしました。

 

qH9vsSwh_400x400

 

以前にもダウンロードしたことがあって、

そのときはスマートニュースのような記事の方が好きだったので削除をしてしまったのですが、

人生設計女子会を監修している今!

本音がつまったこのアプリは、なかなかキーになるかもしれません*

 

そして、男性のみなさんは見ない方がいいような、

知っておいた方がいいような…なんとも複雑な心境になりました。

 

歌唱力、見た目の可愛さに加え、

西野カナさんの女心を秘めた歌詞が売れるわけですね!

という感じです(笑)

 

純粋な女の子の恋心と、

もはや自分をお姫様だと思っているのでは!?という瀬戸際ラインの投稿もたくさんあります!笑

 

8008723638_efaef9797c_o

 

 

【幸せなニュースより愚痴を発散!そんな女子の本音のSNSの裏側】

もちろん人によっては、

「簡単レシピでプリンつくってみた!旦那から好評♡」

「今日は結婚3周年記念日♪」

「お仕事中の彼氏は世界一かっこいいわ」

など、彼氏さんや旦那さんの素敵な一面もあったり

 

中には

「仕事場で嫌なことがあった。

相談に乗ってもらっている間に泣いてしまった。

休憩中に旦那に電話して聞いてもらった。

旦那の声を聞くと安心する。

この人と結婚してよかったなーってホントに思う。

旦那さんありがとう。」

なんていう心温まるようなエピソードまで(*^_^*)

 

like

↑これが素敵な投稿^^*

 

かたや、

「もうすぐ結婚して12年になるけど、旦那と結婚したことを後悔しています」

「旦那が浮気中かも。朝帰りばかり」

など。

 

SNSの使い方は人それぞれですし、

実際に「chateeないとストレスで生きていけないわ。」

という方もいらっしゃるようなので、

自分で溜め込んでいるものを出す居場所を持っていることは大事かもしれませんね。

 

なので、個人的なSNSの使い方に対する意見はさておき

「本人が幸せになるためにそのままでは変わらないよー!」

と見て思う投稿もしばしあります。

 

一言でいうと、ただの愚痴なのですが^^;

 

その場の一時的なストレス発散と、幸せになれるかの解決策は別の問題なのです。

「どちらを重視して、今後の人生を送りたいですか?」

と思ったので、この記事を書こうと思いました。

 

 

【「今、幸せですか?」 自分の人生を見つめてほしい一言】

先日、先輩のご紹介で素敵な女性とランチをしていて

「今、幸せですか?」

と聞かれました。

 

私はそのときちょっと悩みがあったので即答で

「幸せです!」

とは言えなかったのですが

「上手くいっていないこともあるけれど、確かに幸せです。」

と答えました。

 

 

時間が経った今、思うのは

やっぱり幸せだなということ。

 

 

悩むこと、悔しいことっていっぱいあります。

 

答えがこれでいいのかな?という不安もあるし、

なんで自分は◯◯ができないんだろう…と落ち込むこともあります。

 

 

けれど、やっぱりトータルして幸せだなと思えるのは

ある力を、少しずつ身につけられてきたからです。

 

 

 

【幸せになりたいならみんなに共通する!あなたの人生を切り拓く力とは】

19122729662_2b2d2a8086_z

冒頭でもお伝えしたように、

厳しい環境下からでも幸せを掴み取る人がいます。

 

なぜ、同じように厳しい環境の中でも

幸せになれる人とそうではない人がいるのでしょうか?

 

成功に繋がるか否かのひとつの要素はバイタリティーのある継続力だと思うのですが、これに加えあるスキルが必要ですね。

 

そしてそれは、努力をすれば誰しもが身につけられるものです。

 

けれどこれがあるかないかで、

人生の豊かさが格別に違うものになります。

 

その答えを考えてみましょう。

 

 

【与えるだけが優しさではない。思いやりではない。本当に人を幸せにするのは、◯◯◯◯力をつけさせること】

人はトラブルや不都合など何かあったときに、

そのまま落ち込んでしまう人と、

その壁を乗り越える人の

大きく分けて2パターンに分かれます。

 

後者は人に恵まれて助けられたということもあるかもしれませんが、

その大きな理由は本人に

〝問題解決力〟があったからなのです!

 

問題解決力とは、

現状を正確に把握し、問題の根本的な原因を見出し、効果的な解決策を考え、実行することです。

 

16947867831_487379eab8_z

 

以前、こんなことがありました。

後輩で悩んでいる女の子がいて、その子の話を聞いていると、どう考えても問題点がずれ込んでいます。同じところでグルグル回っていて、前進できていない状態です。

 

私や周りのメンバーはその子の力になりたいと思って、

「手厚くサポートをしよう!これが今、悩んでいて辛い本人のためになるはず!」

と考えました。

 

けれど実はこれ、間違っていたんです。

 

 

行動に起こす前に、人柄も組織マネジメントも両面で信頼している人に相談してみました。

 

「問題点を自分で把握できていなくて、悩み苦しんでいる子がいて、

だから手厚くサポートをしようと思います」

ということを。

 

 

解決策はこれだ!!と思っていたのですが、間違っていました。

 

言われた言葉は

「本人の根本的な解決にならないよ。」

ということです。

 

 

要するに、お金だけを与えてしまいその場しのぎの解決策をしてしまっている活動と同じで、

根本的な要因を潰さないと、この問題は解決しても、

そのあと、何かに新しく取り組んだときに本人は同じやり方をして、また人に頼らないと抜け出せない状況になってしまうかもしれないということですね。

 

 

だから今はもう少し悩みを与えて、

「悩んでいく中で解決策を本人が見つけ出すことが大事だから」

と。

 

 

それを聞いて本当にそうだなと納得した私は

ほかのメンバーと、その手厚いサポート戦略は辞めて

問題解決する力の重要性を再認識できました。

 

問題解決力って大切と何度も何度も聞き、頭ではわかっていたものの、

シチュエーションに遭遇するとそれを実行しきれていなかったなと自分を反省するきっかけになりました。

 

 

では、その問題解決力はどうすれば身につくのでしょうか?

 

大前提は定義のように、

現状を正確に把握し、問題の根本的な原因を見出し、効果的な解決策を考え、実行することですが

 

このときの運命を変える大切なポイントとは…

4/16(土)のイベント・人生設計女子会Vol.3でお伝えします^^*

 

【information】

■4/16(土)18:00-21:00 人生設計女子会vol.3~学生時代が決め手!!仕事もプイベートも充実した女性になるための3つのポイント~

12794436_249697565362597_6568179173036358880_n

■ご提供中のメニュー

Menu

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

■Profile

Profile