SNSで発信をしている人の中で

しっかりと集客ができて、売上UPをしている人は

肌感覚で1割ほどしかいないのではないでしょうか。

 

ではこの1割の人たちが何をしているのか。

 

 

さまざまな要素がありますが、

要点を3つに絞ってみました。

 

 

結論は

1、プロフィールで自分が何者かを的確に伝えている

2、日々の発信で信頼関係の構築する

3、商品やサービスを届けたい相手の目線

です。

 

 

1、プロフィールで自分が何者かを的確に伝えている

どのようなSNSでも大切なことはプロフィールです。

 

特にビジネスは信頼がベースです。

 

プロフィールを明記しなくてもフォロワーが増える人は

ご本人か写真の世界観がよっぽどいい

ビジュアルのファンです。

 

しかしビジュアルが好まれている=売れるとは必ずしもならないので、

お客さまが安心をして購入できるように

プロフィールを丁寧に明記しましょう。

 

 

具体的には

・コンセプトを書く

→例:広告費をコストカットして理想のお客様が集まるSNSづく

 

・数字の実績を書く

→例:講演実績(東京大学/楽天/ロート製薬/POLA)2,800名

 

・お客さまが安心材料になる実績を伝える

→例:SNSの専門家としてYahoo!ニュースにコメント掲載

 

などです。

 

 

ただ「まだ実績をこれから作るところです」という人は

コンセプトを書くことはもちろん、

 

・誰にどうなってほしいのかを書く

・自分のこだわりを伝える

・趣味を伝えて親近感をアップさせる

 

などがおすすめです。

 

 

 

2、日々の発信で信頼関係の構築する

Instagramを活用していると、数々のDMが届きます。

 

つい先日は

「無料でHPを作りますよ」

とありましたが、全く見ず知らずの人から無料で作られるって相当怖いです。

 

 

HPという大切な営業ツール

どこの誰かもわからず、

Instagramを見ても顔・名前もわからず

実績も不明な人にお任せなんて

天と地がひっくり返ってもお願いできません。

 

 

DMで営業される例は他にもあります。

 

最近だと副業をされている人か、

フリーランスの人で増えてきているように感じます。

 

先程の事例とは異なり

お名前はInstagramのプロフィールにも書いてあるのです

 

「デザインにお困りでしたら作ります」

「YouTubeしませんか?動画編集を手伝いますよ」

 

と値段と一緒に送られてきたところで

 

「悩んでいます」「こんな人を探しています」

と発信をしていないのに

信頼関係がない人に売られても、

検討する対象にもならないのです。

 

 

しかも「明らかにコピー文章…!」ということが伝わり、

 

「いつも投稿を楽しみにしています!」と書かれていますが

フォローされておらず、全く心に響きません。

 

 

突然、コピー文章のDMを送ってこられる方が

結構多くいるので、

誰か「DMを送りましょう」と指導されている先生でも

いらっしゃるのでしょうか。

 

 

 

どこの誰がそのような指導をしているか

存じ上げませんが、

このやり方は絶対にNGです。

 

 

もし

「送ってしまったことがあったな」

と思う人はこれから辞めましょう。

 

 

返信をスルーされるだけではなく、

場合によってはアカウントをブロックされてしまう対処もあると思います。

 

これは根拠のない予想ですが

ブロックが増えたら、

Instagramの運営元からしても

「この人、怪しいな」

と思われてしまいかねないですよね。

 

 

ただし、

・PR案件で受け取り手のメリットがある

 

・提案をするにしても「あなたのことをこれだけいいと思っています!」

というのが具体的にわかるように、研究をして、おもてなしの心が伝わる内容

 

はNG例の中で例外で、

ご承諾になってもならなくても、

むしろ喜ばれます。

 

 

 

NG事項が長くなりましたが、

SNSであってもリアルの場と同じように

コツコツと信頼関係を積み重ねることがベースです。

 

 

リアルな場で、

需要があるかもわからない人に、突然

「◯◯(自分の商品やサービス)を買いませんか?」

なんて言わないですよね。

 

 

そうではなく、何回も会ったり話したり、

相手の価値観を知るからこそ信頼関係が生まれるのです。

 

だからこそ、SNSでも

発信で自分の価値観を伝えることは非常に重要です。

 

 

ただ、ここで言う価値観が

愚痴だけにならないように気をつけましょう。

 

せっかくフォローするなら

読んでいてプラスの感情を得たいものです。

 

 

だからこそ

「この人の発信を見ていると、元気がもらえるな!」

「前向きな気持ちになれるな」

「私もこんな女性になりたいと思えるな」

など感じるような内容になっているか。

 

 

ビジネスアカウントでは弱音を吐くことは基本的に控えましょう。

 

とは言え、人間なので、愚痴も言いたくなることもあるでしょう。

 

そんなときは

周りの人に聞いてもらったり

せめて親しい友達のみの投稿で

信頼関係がある人のところで投稿するなど

配慮ができる人の方が素敵だと思いませんか?

 

 

 

貴重な時間を割いて

文章を読んでくださる皆さんに

たくさんのいい影響を受けていただきたい。

 

私もその一心で投稿しています。

 

 

読んでくださった方にどのような影響を与えたいのか考え

それに見合う行動をお互い積み重ねていきましょう^^

 

 

 

3、商品やサービスを届けたい相手の目線

しっかりと売上をUPする上で大切なのは

相手の目線に立つことです。

 

 

例えば、

『ポチらせる文章術』(著者:大橋慶一さん)P164に

レーシックの手術の広告でとてもいい事例が書いてありました。

 

以下、引用します。

 

 

——

 

〈レーシック・クリニックのコピーA〉

 

海水浴や温泉で、メガネやコンタクトが

邪魔だと思われたことがあるあなたへ。

1ヶ月以内に視力を回復できる

新しい眼科治療法があります。

 

 

 

 

〈レーシック・クリニックのコピーB〉

 

レーシックを受けたいけれど、

どの眼科がいいの?とお悩みのあなたへ。

 

レーシック手術症例1万件以上の実績を持つ

当院へお任せください。

 

手術にご満足いただけなければ

手術料金を全額返金いたします。

 

 

 

〈レーシック・クリニックのコピーC〉

 

レーシックは危ないと

勘違いされているあなたへ。

 

世界各国の眼科学会で注目をされている

最新技術「◯◯レーシック」ならば、

従来のレーシックの問題点であった

角膜強度の低下が防げるため、

安全に視力が回復します。

 

 

 

 

—-

 

 

そして同書の中で、大橋さんは下記のように分析されています。(P166)

 

 

〈コピーAの特徴〉

レーシックという言葉を使わず、ターゲットの悩みを解決できる

「新しい眼科治療法」として訴求。

 

 

〈コピーBの特徴〉

レーシックが流行り出し、クリニック同士の競争が激しくなったため、

他院よりも優れている理由と、魅力的なオファーを訴求。

 

 

〈コピーCの特徴〉

従来のレーシックの問題点を認め、

それよりも、どれだけ優れているかを訴求。

 

 

—-

 

と。

 

いかがでしょうか?

 

 

相手の目線に立つというわかりやすい事例です。

 

→これはほんの一部のご紹介ですが、

とても良書なので文章で成約率をアップしたい方には

おすすめしたい一冊です^^

 

 

 

同じものを勧めるとしても、

相手にどのくらいの知識があるかで

何を伝えればいいのかが異なります。

 

 

だからこそ、自分はSNSを通して誰に文章を届けたいのかを考え

その人がどこまで理解しているのか。

何に躊躇をしているのかを分析して発信をします。

 

 

それによって「ん?なんだろう?」

とスクロールをしようとした手を止めてクリックをしてくれたり、

 

「なるほど!」と腑に落ちて

購入のアクションに繋がったりするのです。

 

また、相手の目線の一つにタイミングが合っているのかも含まれるのです

相手がどんなに欲しくてもタイミングが合わない・・ということもあります。

 

 

例えばどんなに素敵なお食事でも

お腹がいっぱいの時には「今はいらないな~」と思ってしまいます。

 

それは提供するもの(ここでいう食事)が

悪いのではなく、タイミングがズレていた。

 

 

あとは会いたい人から連絡をもらっても

「◯月◯日までは、大切なお仕事があってとてもとても忙しくて時間が作れない・・」

ということだってありますし、

こちらもタイミングが良くないですよね。

 

 

それを回避するのがメールマガジンやLINE公式なので、

まだ活用していない方はぜひご実践ください♪

 

 

皆さんお一人・お一人の強みや魅力を活かしながら、

より成約率をアップするオーダーメイドのアドバイスは

メールマガジンの個別コンサルティングで承っています。

 

それでは本日もご一読をありがとうございました^^

 

 

上村菜穂 プロフィール

株式会社PR NET 代表取締役

〝広告費をコストカットして理想のお客様が集まるSNSづくり〟をコンセプトに
自身の開催イベントでは女性を延べ1,000名以上集客してきた。

そのノウハウを法人・コミュニティ向けに東京・大阪・福岡をはじめとした全国で
延べ2,800名以上に向けて講演活動をするほか、
女性起業家向けの集客・PRコンサルティングを主軸に事業を行っている。

Google、Yahoo、いずれもの検索エンジンの『女性集客 インスタ』にて1位を独占。


ライターとして、20代女性向けの集客やPRを強みに、2015年に学生から個人事業主として独立。
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、
集客・PRの再現性あるノウハウを構築中。

■主なメディア・法人実績 (敬称略)

・研修講師
「楽天大学」(株式会社楽天)
「ロートビューティーマイスターへSNS集客&プロモーション研修」(ロート製薬株式会社)
「お客様から愛されるSNSのお作法
〜集客UPにつなげるプレミアムレッスン〜」(秋田県信用保証協会 創業支援チーム 女性創業支援 チームポラリス)
半年間のサロンオーナー様向けアカデミー研修講師(株式会社UTP)
女子大生向けの人生設計を講演(株式会社サイバーエージェント)(株式会社マイナビ)など。

・ライター
「by.S」(株式会社サイバーエージェント)、「起業サプリジャーナル」(株式会社ネオキャリア)、「GOLMAGA」の女性向け企画・ゴルフ美人インタビューの企画、インタビュアー(東急電鉄)、福島 震災復興取材(近畿日本ツーリスト)、「家事大学」(株式会社ベアーズ)など。

・その他
秋田魁新報社(2019/10/26、2019/10/30)掲載
「おはよう日本 まちかど情報室」(NHK)
2016年五月祭にて「教育のできない人は起業を諦めなさい」(東京大学)
会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演など。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール