先日、仲のいい後輩ちゃんとランチへ行き

「菜穂さんの文章は好きなものを心から書いていることが伝わってきます!」

と言ってくれて、

やっぱり文章は伝わる人には伝わるなと再認識をしたのです。

 

そして、私自身も色々な文章を読んでは思考を重ねています。

 

文章を読んで

「なんかこの人、好きだな」

と思う人もいれば逆も然り。

 

せっかくならば気の合う人が好感を抱いてくれるような文章を書きたいものです。

 

 

そこでふと、

「どういう文章が共感されて人に好かれるんだろう?」

と頭をよぎったので、考えてみました。

 

伝えることの本質でもあるので、

ご一読いただけたら嬉しいです^^

 

 

結論として

1、好かれる文章は嫌われることを恐れないこと

2、好かれる文章は適さない人もしっかり伝える

です。

 

以下、詳しく解説をしていきます。

 

 

1、好かれる文章は嫌われることを恐れないこと

 

まず頭に浮かんだのは嫌われることを恐れないことです。

 

誰にでも届く文章にしよう、と思うと

メッセージはどんどんボヤけ

当たり障りのない文章は

人から嫌われませんが、響きもしません。

 

極端な話、

「今日は月が綺麗ですね」

は誰も嫌な思いをしませんが、

かと言って響きもしないと思うのです。

 

もちろん、意図的に傷つけることはよくありません。

 

意見の主張をどこまで線引きするかは難しいものですが

あえて言語化をするならば、

本人の努力でどうしようもないことを誹謗中傷したりすることはよくなく、

本人次第でいくらでも変わるものに対しては

背中を押すメッセージを自分の意見として伝えるのはいいと思います。

 

 

例えば、宮城県選挙区選出参議院議員(立憲民主党)・石垣のりこさんの発言は

明らかに多くの人を傷付けていますよね。

#石垣のりこ議員の辞職を求めます

という#で多くの人が憤りを綴っています。

 

病気になりたくてなっている人なんていないですし、

治したくて治したくてたまらなく苦しんでいる人に対して

本人の努力ではどうしようもないことに対して

意見を言うのは間違っていると私も思います。

 

しかし、本人の意識で変えられることで

自分が勧めたいものは伝えるべきです。

 

 

例えば私なら、

紹介で仕事が周り、休みをとることが難しいほど仕事が集まる人以外は

SNSで発信をして認知→ファンづくりに励むべきだと思っています。

 

多くの人が発信をすることを楽に行っていません。

 

たくさん悩んで、

時間を捻出して行うものです。

 

本人次第でいくらでも挑戦できるからこそ、

「個人で仕事をするならSNSを行うべき」

というメッセージは発信しています。

 

 

ただ、それをどう受け取るか、やるかやらないかは

一人一人の自由であり

共感する人が実践してくださればいいと思っているのです。

 

共感してくださる人に向かってまっすぐに伝える。

 

価値観の相違はあって当たり前なので、

本人がどうしようもできなくて傷付ける文言でなければ

嫌われることを恐れずにはっきり伝えるべき。

 

これが一つ目のポイントです。

 

 

2、好かれる文章は適さない人もしっかり伝える

woman.jpg

 

これは売れる営業マンの人を考えた時にも同様に思ったことなのですが、

全員にとっていいものなんて存在しないと思うのです。

 

だからこそ、合う人を探す。

合う人に見つけていただけるようにする。

 

そこで大切なことが、

合わない人を正直にハッキリと伝えることだと思います。

 

 

みんな違うことが当たり前だからこそ、

『◯◯な人には合うけれど

◯◯な人には合わない』

と伝えるべきです。

 

 

例えば私は女性集客講師として

SNS集客とHPで検索の上に持ってくるSEOライティングが得意で

多くの人に取り組んでほしいと思っています。

 

なぜなら、SNSやHPがあることによって

リアルの世界だけでは出会えない人と繋がることができる、

本当に自分のサービスを必要としてくれる人に出会えるからです。

 

 

私も何度、

「『インスタ集客 セミナー』と検索をして、上村さんのブログが出てきました」

と言っていただけたことでしょうか。

 

そして何度素晴らしい出会いをいただけたことでしょうか。

 

 

だからこそ、

莫大な広告費をかけることができない

その経費を他のことに事業投資したい人に

SNS集客やライティングをオススメしたいと思っています。

 

しかし、誰にでも勧められるかというとそうではないのです。

 

 

まず私が絶対にやらない方がいいと思うのは

自分が提供している商品やサービスを

「自分の利益のため」「お金だけ稼げればいい」

と思っている人です。

 

それでしたら、

よほど文章を書くことや伝えることが好きではない限り

続かないからです。

 

本気で自分が提供している商品やサービスを好きだから、

書くことが浮かぶのです。

 

 

はじめは

「SNSに苦手意識があります」

とおっしゃる方も、

「でも◯◯さん(お相手のお名前)は、その商品やサービスによって、

自分の人生がいい方向に変わったんですよね?」

とお話しして

 

「そうです!

だからかつての自分のようにこの商品やサービスにも、

これを受けて(or購入して)人生をよくしてほしいんです!」

 

と目を輝かせておっしゃってくださる方は

気がついたらSNSへの苦手意識がなくなった。

なんていうことがよくあります。

 

もともと習慣にないことができないのは誰でも当たり前です。

 

例えば女性がスクワットの筋トレで

いきなり60kgを持ち上げますか?

 

高確率で行わないはずです。

「やったことがないからできないよね」

とわかっているから、

始めからいい意味で、できないことを受け入れられているから

「今はできないけど」という前提で始めます。

 

 

SNS集客の発信に関しても

同じスタンスでいいと思うのです。

 

今まで本格的なSNSマーケティングを勉強していなかったら

始めはできなくても当たり前です。

 

だから本当にいい商品やサービスの価値を伝えるために

ちょっとずつSNS発信をしませんか?

とお伝えしたらいかがでしょうか。

 

 

長々とお伝えしましたが、

はじめの方で〝絶対にやらない方がいいと思うのは〟

と断りを入れています。

 

もしここでこの条件に当てはまれば、

離脱するかもしれません。

でもそれでいいのです。

 

その変わり、

「いや、私はそうではない!」

と思う人はそのまま読み進めてくれるから。

 

それで少し心が動いたら

「挑戦してみよう!」

と思ってくれる人が必ずいるからです。

 

 

今回のポイントは

共感される文章の秘訣で

1、好かれる文章は嫌われることを恐れないこと

2、好かれる文章は適さない人もしっかり伝える

ことです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ちなみにこの視点を大切にしながら文章が書けることは

その時に発信をする文章のみならず、

多角的な観点で伝えたいことと向き合うことができ、

自分の思考力も上げてくれるものです。

 

プレゼンテーションの幅も広がります。

 

そのために、ぜひ意識をしてご実行いただけたらと思います。

 

 

文章は時間も空間も超えて繋がれるものであり、

一生積み重なって残っていくので、

私はかけがえのない宝物だと思っています^^

 

では本日もありがとうございました!

 

 

 

 

上村菜穂 プロフィール

女性集客講師

〝SNS初心者でも半年で月10名を集客できるメディアづくり〟をコンセプトに
自身の開催イベントでは女性を延べ1,000名以上集客してきた。

そのノウハウを法人・コミュニティ向けに東京・大阪・福岡をはじめとした全国で
延べ2,000名以上に向けて講演活動をするほか、
女性起業家向けの集客・PRコンサルティングを主軸に事業を行っている。

Google、Yahoo、いずれもの検索エンジンの『女性集客 インスタ』にて1位を独占。


ライターとして、20代女性向けの集客やPRを強みに、2015年に学生から個人事業主として独立。
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、今後は女性起業家のコミュニティー形成を目標にしている。

■主なメディア・法人実績 (敬称略)

・研修講師
「楽天大学」(株式会社楽天)
「ロートビューティーマイスターへSNS集客&プロモーション研修」(ロート製薬株式会社)
「お客様から愛されるSNSのお作法
〜集客UPにつなげるプレミアムレッスン〜」(秋田県信用保証協会 創業支援チーム 女性創業支援 チームポラリス)
半年間のサロンオーナー様向けアカデミー研修講師(株式会社UTP)
女子大生向けの人生設計を講演(株式会社サイバーエージェント)(株式会社マイナビ)など。

・ライター
「by.S」(株式会社サイバーエージェント)、「起業サプリジャーナル」(株式会社ネオキャリア)、「GOLMAGA」の女性向け企画・ゴルフ美人インタビューの企画、インタビュアー(東急電鉄)、福島 震災復興取材(近畿日本ツーリスト)、「家事大学」(株式会社ベアーズ)など。

・その他
秋田魁新報社(2019/10/26、2019/10/30)掲載
「おはよう日本 まちかど情報室」(NHK)
2016年五月祭にて「教育のできない人は起業を諦めなさい」(東京大学)
会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演など。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール

 

———————

♢メールマガジン

1,000名以上の集客経験から女性集客ノウハウをお伝えする無料登録プレミアムメールマガジン

『SNS初心者でも半年で月10名集客ができるメディアづくりの秘訣』

 

♢お仕事依頼のお問い合わせ

→講演・ライター・インタビュアー・講師等のご依頼、ご相談をお待ちしています。