事業のマーケティングをしていく上で必須の言葉が

「ターゲット」と「ペルソナ」です。

 

しかし「ペルソナ」は講座に来てくださる女性起業家の方へ質問をすると、

「聞いたことがないです」

という方も少なくなかったり、

「聞いたことはあっても説明はちょっと…」

というケースはよくあります。

 

そこでターゲットとペルソナについてお伝えすることに加え、

ペルソナの注意点をお伝えしていきます。

 

 

 

ターゲットとは購入してほしい客層のことです。

年代、男女、既婚未婚、職業、年収、ライフスタイルなどの属性で判断します。

 

なので該当者はどんな人かにもよりますが多数いるのが一般的です。

 

 

一方で、ペルソナとは理想とするお客様で具体的な一人。

ターゲットをさらに絞り込んでいて、

「この人のためにこのサービスをつくろう!」と思えるくらい自分もワクワクする相手です。

 

 

ポイントなのが架空の人物よりも実在する人物であること。

それによってペルソナの人の意見を聞くこともできるので相手の視点に立ち、

ニーズが的確にわかるという利点があります。

 

中には「ペルソナは芸能人にしましょう」ということを教えられることもあるそうです。

商品を作る上で、お仲間の方と認識を共通に持つための意図でしたらそういう考えもあるかもしれません。

 

けれどペルソナを決める目的で大きく占めるのは

「マーケティングをすること」

です。

 

つまりニーズを聞き出すためなのです。

この目的があるので、私はニーズが聞き出せない関係の芸能人の方はオススメしていません。

架空の人物をすすめないのも、同様の理由です。

 

 

そして、友人もオススメしません。

はじめは友人をペルソナにしても、なるべくそうでない初対面の人を見つけましょう。

なぜなら友人だと、信頼関係があるからです。

 

 

「(本当はそこまで必要ではないけれど)あなたが頑張っているなら買うよ!」

と購入してもらったりしてしまっては、今後の再現性が厳しいです。

ビジネスである以上、目指す規模にもよりますが、ずっと友人だけに売りたいわけではないですよね。

 

同情や応援、信頼関係で購入してもらうのではなく、プロとして必要だから購入してもらう。

その流れをつくるためには、友人ではなく、もともとは信頼関係のない人がそれでも欲しくなるようにしていかないといけないのです。

 

 

ペルソナを設定するポイント3つは募集しているイベントや個別コンサルティングで行っています^^

 

詳細はメールマガジンでもご案内をしております。

まだの方は無料で登録ができるので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

 

上村菜穂 プロフィール

女性集客コンサルタント

SNSで月間20名以上の新規集客を行っており、そのノウハウを女性起業家へコンサルティングや講師を主軸にしている。

ライター活動はサイバーエージェントが運営する月間訪問者数が500万人以上、Facebookファン数が40万人以上のアラサー女性向けメディア『by.S』、ネオキャリアが運営する『起業サプリジャーナル』等で担当。

20代女性向けの集客やPRが得意なライターとして、2015年に学生から個人事業主として独立をした。

 

14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。

『楽天大学』にてライティング講師、東京大学・学園祭2016年で『教育のできない人は起業を諦めなさい』にて女性唯一のパネラーに選出され登壇、会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演するなど、登壇は延べ1,300名以上の前で行う。

自身の開催イベントでは女性(最も多いのは女子大生を中心とした20代前半女性)を延べ700名以上集客してきた。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、今後は女性起業家のコミュニティー形成を目標にしている。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール

 

———————

♢メールマガジン

女子大生ライターからフリーランスのライターになった上村菜穂がお届けする

『700名以上の集客経験から女性集客ノウハウをお伝えするプレミアムメールマガジン』

 

♢お仕事依頼のお問い合わせ

→講演・ライター・インタビュアー・講師等のご依頼、ご相談をお待ちしています。