昨日はアール・グラージュの展示会に可愛い女子大生の子と観に行ってきました*.゜

 

 

14021522_954480074678062_4512341915446291147_n
アール・グラージュとは、
光と音楽に合わせ
一枚の絵の中で、朝から夜へ、春から秋へ…など。
ゆったりとした時間の流れを幻想的に表現していく世界で唯一のアートです。

 

 

youtubeだとその感動が分かり難いのですがこんな感じ。
14080045_954480308011372_1755635000142987391_n
14045921_954480411344695_1852823669131311438_n
 

本物を見ると…
「今度はどんな絵に変わるのだろう?」
「この作者はどんな気持ちでつくったのだろう?」
「何を伝えたいんだろう?」
「私は今、何を感じ、考えているのだろう」
ということを考えながらも
感動を味わうことができます。

 

14053977_954480164678053_2458732520258599437_n 
この作者の意図を推測し、
自分の感性と対話をするのが小説の感覚と似ているなと思ったり。

 

14034937_954480181344718_6607867335927812850_n
13938619_954480298011373_2006911548726729901_n
 
 

昨日は天使の絵が特に心を惹かれたのですが、
一夜明けた今日は最後にショパンのノクターンOp.2と共に演出された牡丹の花をもう一度観たいなと思うのです。

 

13939334_954480051344731_7144631953595768048_n
美術展が好きと思いながら最近全然行っていなかったので、とても癒しの時間でした。
今後は毎月展覧会が開催されるようなのでご興味ある方はぜひ^^
場所は天王洲アイルのサロンだったのですが、銀座にもギャラリーがあるようです!