【イベントのお知らせ】

①本物の「自信」とは何か。

②自分だけの魅力を見つけ出し「自信」を持つ考え方&ワーク

③自分らしいライフスタイルを送っている人に共通する3つのポイント

 

お申し込みはこちらです。

7/31(日),8/4(木),8/21(日),8/25(木)

各回5名限定です!
.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

今日はご紹介で、アーティスト支援事業をしている方とお話をしました。
12321303_801815989944472_4257861268474948893_n

 

その男性のお話で印象に残っているのは

 

「諦めなければ成功する。 というのは嘘。

正確に言うと嘘ではないけど、音楽家のアーティストにおいて、それだけでは叶わないんです。」

 

というお話でした。

 

なぜならアーティストは「我」が強すぎる人が多いから

(※もちろん、全員ではないです。 けれど傾向として、自分の演出したい世界観が明確で、そこに対して引かない人が多いと。)

なので求められるものと一致をした、ほんの一握りの人だけが成功するのだと。

 

 

けれどアーティストはまだ社会的にも需要が低いから

なかなか生活できるレベルの対価をいただけなくて、気が付いたら地元に帰ってしまっている人も少なくない。

ということに問題意識を感じ、地位が低く見なされてしまうアーティストを支援するために活動されている事業内容を簡単にお聞きしたのです。

 

そもそも会社とは誰かの何かの問題解決のために存在し、それをクリアできている企業が存続し続けている。

 

それは個人事業主でも同じこと。

相手の問題解決をしてあげられる人のところに仕事が集まります。
けれど音楽や芸術などのアーティストな分野とは、

誰かのどうしても解決しないといけない問題を解決するものではないことの方が多いと思います。

 

極端な例えではありますが、

生活が苦しい人は、食事をするけれど、

ほかを我慢してまでコンサートに出かけないなど、余裕がある人が楽しむものかのように。

 

 

 

しかし価値がないかと言えば全くそんなことはなく、

音楽でも美術でも書道でも…あることによって人々に感動を与えたり、時に考えさせるものを見せたり、衝撃を与えたり。

 

出会った人々、触れ合った人々の人生を豊かにしているものだと思うのです。

 

だから芸術は、

価値はあるけど、衣食住と比較すると、マストではないものだと個人的には感じている。

一部の人にとってはマストかもしれないけれど。

 

そんな中で「我」が受け入れられるのは、ほんの一部の人のみだということでした。

 

 

人の問題解決でもなければ、ないと生きていけない必須のものでもない。

 

 

エジソンのように電球をつくっていたら、

電気がついたら正解。つかなかったら不正解。

ついてもすぐに消えてしまっては不正解。

 

だから9,999回成功するためのヒントを得て(ようは失敗して)

10,000回やって成功したのでしょう。

 

陸上競技のスポーツでも、タイムの上がる走り方ができたら正解。

遅かったら不正解で、諦めないで努力をした人だけが知っている世界ってきっとあると思います。

 

 

 

けれど芸術は何が正解だかわからなくて、

その中で自分がいいものを信じ続けて成功する人もいれば

自分の感覚を信じるだけでは、人に「美しい」と認識されず受け入れられないギャップが生じてしまう。

 

 

だからこそ、アーティスト支援をされている男性は

「アーティストは〝これがいい!〟というのが強くて、なかなか他の選択肢を受け入れようとしないけど、

上手くいっていないのなら、もっと他を受け入れることが必要なんだけどな…

 

けどその中で夢を諦めてほしくないから、支援できるビジネスを考えて今度も頑張りたい!」

とおっしゃっていました。

 

 

何事も〝自分を持つ〟ことは大切で、

それが趣味なら自分を貫くべきかもしれないけれど、

対価をいただいている仕事のときは、

ほかの人の声に耳を傾け受け入れることが

芸術家でさえそうなら、ビジネスをやる人は尚のこと意識をしないといけないんだなと感じました。

 

 

ただし、誰の声を信じるかがポイントになるし、

自分が気が付いていないことこそ、

自分の主観になる傾向があるので難しいところもありますが。

 

 

だからこそ、なにかを指摘してくれる人の存在は大切で、

そのときいかに受け入れる素直さがあるかで、

未来が変わるんだろうなと思ったのです。

 

 

ただ、がむしゃらにやるのが正解ではなく

自分のプライドがあることに対しても受け入れる〝素直さ〟があるかどうかと。

 

 

「自分はこんな演奏ができる!!」

 

そう断言する人は一見、自分に自信がありそうです。

私もつい最近までこういう能力での評価が自信に関係すると思っていました。

 

けど、人と話したり、関わるうちに

「この能力の自信って、ときに自信になるけど

時に突然、折れてしまうものなのかも…?」

と気が付いたのです。

 

 

それよりもっと確固たる自信というものが存在して、

本人は無意識でもこれができている人は人の話を素直に受け入れ

変わることができるのではないかと思いました。

 

 

その〝確固たる自信〟とは…

続きはこちらのイベントでお伝えします!

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

①本物の「自信」とは何か。

②自分だけの魅力を見つけ出し「自信」を持つ考え方&ワーク

③自分らしいライフスタイルを送っている人に共通する3つのポイント

 

をセミナー&ワークで開催し、そのあとはそのまま交流会を開催します*.゜
ご興味がある方は、いずれかの日程にお申込みください。

お申し込みはこちらです。

 

7/31(日),8/4(木),8/21(日),8/25(木)

各回5名限定です!

s_IMG_2192