先日、清澄白河駅から徒歩10分ほどにある

東京都現代美術館へ行ってきました。

 

 

そこで6/28(日)まで展示されている

『ビカミング・コレクション』を観てきました。

 

 

〝正解〟がない芸術という世界で、

目の前に広がる作品たちが示していることが、始めはよくわからなかったのですが

ガイドをしてくださった清水さんという男性スタッフの方のお話しがわかりやすく、また、参加者の関心を唆るトークだったおかげで私もすっかり芸術を嗜んだひとりだったのでした。

 

 

中でも一番印象に残ったのがこの作品。

 

 

シンプルなものやパステルカラーが好きな私にとって

派手な赤色の発光ダイオードで

チカチカと切り替わる眩さが
その作品を、私の中で〝美しくないもの〟

であると認識させました。

 

けれど、その作品のタイトルを知りました。

プロセスを聞き、背景を知ったのです。

 

 

作品のタイトルは

『それは変化をしつづける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く』

宮島達男氏の作品。

 

 

異なるスピードでカウントし続ける1から9の数字と

0の代わりに訪れる闇。

 

19996_721546164638122_6931158499847397379_n

 

このカウントは

人々の〝時の流れ〟を表すものであるとのことでした。

 

 

 

1から9まで一定の速さで動くその数字は、

9までいくと消え点滅したままか、別の速さで動き出す。

 

そしてほかのどこかの数字へさっきの数字の速さがスリップし、

1から9が先ほどの速さで動き出すのです。

 

 

この作品が表す意味とはどういうことか。

 

それは、ひとりの人の時の流れでも

遅刻をしそうな時間と休日のゆったりとする日の朝の時間。

 

同じ人でも〝一秒〟という時間の感じ方は

その時々のシチュエーションで異なります。

 

そしてその時が過ぎると、

同じ一秒でも感じる速さは変化をする。

 

どこか別の人がその人が感じていた時の流れのスピードを感じるのです。

 

 

 

この瞬間を誰かと共有をしていても

感じる時間の速さは異なり、その感じ方も変化する。

 

けれど、どこかにいる誰かがその速さを感じ

その関係は見ず知らずのところで繋がっているこの世界。

 

バラバラで見えてもどこかで関連付き、

そしてそれは永遠に続くのだと。

 

 

 

そんな人々の〝時の流れ〟を表している作品であると知りました。

なにより私はタイトルに心を奪われたのです。

 

 

そんなプロセスを知り、もう一度作品を見つめる。

 

すると、さっきまで美しくないと感じていたその作品は

派手だと感じた赤の光さえも、

いえ、その赤の光こそが奥ゆかしいものに感じました。
結果は美しくないとしても、

つまり、結果が出ていないとしても
その背景、そのプロセスに何が隠されているのかわかりません。
この作品の背景は殊に私の関心を引き、考えていると
今、この瞬間に見えるものだけが 全てではない ということに気が付きました。

 

 

 

もしかしたら、目の前で起きていること、

立ち向かっていることの現時点の結果はうまくいっていないかもしれない。

 

過去の失敗談と捉えているものはうまくいっていないというところで

記憶に保存されているかもしれない。

 

 

けれど、もし見方を変え、プロセスを追ってみると

そこにはなにか輝かしいものが秘められていることもあるはずなのです。

 

 

そしてそのプロセスをほかの角度から見る、

もしくは、別の機会で何かの記憶と重なり合うと

格別な輝きを増すように。

 

 

 

〝結果〟とはその人本人が決めたもの。

作詞で終止符を打つのが作曲家ならば、

自分の人生のひとつの出来事で終止符を打つのも自分。

 

 

 

絵に正解がないのと同じように

むしろ、見る人の感性で自由に感じていいように、

人生においても正解を決めるのはその人本人なのだから。

 

 

 

そんなことを最後に見た三枚。

サム・フランシスという余白やにじみを生かしたアメリカ人の画家の作品『無題』を観て

乾燥しているはずなのに潤いすら感じるけれども、

どこで、何を想って終止符を打ったのかわからない。

そんな作品を見ながら感じたのでした。

 

11401035_721546151304790_8532720624465964731_n

 

 

 

2020年8月にも再度訪れ、Instagramに様子をアップしました。

 

View this post on Instagram

【東京のイチオシ芸術作品。東京都現代美術館】  作品のタイトルは 『太陽の中心への探査』  タイトルを知ったときに、 まさかこの作品が太陽だなんて… という意外性に驚きました。   というのも、 作品が置いてある空間は暗い空間で きらびやかに光りを放ち、 宇宙の中の『星』の方がしっくりくるような作品。  また 幾何学模様で形成されていることも 『太陽=丸』と思いがちなので 意外なタイトルと思ってしまう理由の一つ。   それでもこの作品を通して、 『太陽』と表現したのはなぜだろう?  そう向き合いたくなる魅力があります。    ・太陽は明るい空にある ・太陽は丸い  そんな概念を外してくれるこの作品は 思い込みを疑うことを教えてくれているのかもしれません。   よくよく考えてみると 地球にいるから太陽は明るいところにあるように思ってしまうだけで 本来は宇宙という空間にあるので明るいとは限らないし、  丸にしているのも誰かが描いたもので イメージにされているのであって、 可能な範囲で近くで見たら、丸くない… ということもあり得そうです。    思い込みを外して ほかの可能性も検討してみる。   私にはそんなふうに映った作品でした。    1967年、コペンハーゲン生まれのアーティスト・ オラファー・エリアソン氏の展示会

『ときに川は橋となる』  は清澄白河の東京都現代美術館にて、 今年の9月27日(日)まで開催されています。  オラファー氏は アートを通して“サステナブル”な世界の実現を試みると著名のアーティスト。    とても素敵で魅了される作品ばかりなので アート好きな人はもちろん、 自分が抽象的なものを 具体的にどのように考えるのか 考えを落とし込みたい人にもオススメです。   #東京都現代美術館 #motartokyo #美術館 #美術館巡り #美術館好きな人と繋がりたい #美術館好き #アート好きな人と繋がりたい #アート #アートのある暮らし #アート巡り #芸術 #芸術作品 #芸術好きな人と繋がりたい #芸術鑑賞 #光 #光の王国 #光のシャワー #清澄白河 #清澄白河散歩 #光の芸術 #人生を楽しむ #人生を変える #心の鏡 #好きなものに囲まれた暮らし #趣味の時間 #オフタイム #オルファーエリアソン #ときに川は橋となる #太陽の中心への探査

A post shared by 女性集客講師 上村菜穂(SNS集客・ライター)オンライン◎ (@nahouemura) on

 

 

View this post on Instagram

【美術館のレストランで】  コドモがオトナに憧れて、 オトナがコドモゴコロを思い出す。 ファミリーレストラン  がコンセプトの 100本のスプーンへ。   ビーフストロガノフのランチセットを注文して 芸術鑑賞の合間にゆったりとした時間を過ごしました🍴  ファミリーレストランとして 二子玉川、豊洲、立川、あざみ野(神奈川)にもあるのですが 東京都現代美術館の中にあるこちらの店舗は 大人の女性で一人ゆったりと過ごしている方も多く テーブルも周囲との距離感がしっかりあり リラックスできました。   最近、お世話になっている方からいただいたアドバイスで 平日のランチにいい雰囲気のところに あえて一人で訪れて 自分と向き合う時間を作ることで 見えるものがあると。   ということでお店で ノートとペンを広げて 最近の1年間やこれからについて考えてみました。   どうしたら女性の心に届くのか どうしたら発信者の方だからこその魅力が伝わるのか。  そんなことを考える 今の女性集客講師としての PRのお仕事が大好きで、 充実しているからこそまっすぐに走ってきた日々。   この1年で ずっとずっと遠ざけていた SEOについて勉強したり、考察したり、 世美子先生のおかげで YouTubeも始めることができたり。  女性集客のノウハウをたくさんコンテンツ化して 資料も500ページ以上を新しく作っていたり…!  通りで1年間の時間が早いものだなぁと感じる日々だったわけです。✨   でも今の自分だからこそ また一つ何かに挑戦をしてできることがあるのではないか、  縦に伸ばすか 横に広げるか 斜めに行動してみるか   自分でビジネスを作って 働き方を作っていく世界は 答えが1つではないからこそ 本当に面白く、 迷うときは迷いますね!    いつもLPを作ったり レッスンで行うときに 完成したLPを見る人は一人ではないからこそ 自分ではないからこそ 色々な視点が生まれる可能性を考えて書く。  これからについても 決まったレールがないからこそ 色々な可能性で自由に描く。   特に決断までの期限もなく 大きな悩みがあるわけでもないので、 気楽に楽しく これからの未来について考える時間を増やしていこうと思うこの頃です。💍    #100本のスプーン #100本のスプーン東京都現代美術館 #東京都現代美術館 #美術館 #美術館巡り #ひとり時間 #ひとりの時間 #リフレッシュタイム #芸術鑑賞 #清澄白河ランチ #清澄白河 #清澄白河グルメ #清澄白河カフェ #美術館好き #美術館めぐり #オシャレランチ #ファミリーレストラン #ビーフストロガノフ #癒しの空間 #リフレッシュタイム #好きなことを仕事に #セミナー講師 #講師 #オンラインレッスン #女性起業家 #好きを仕事に #個人事業主 #フリーランス女子

A post shared by 女性集客講師 上村菜穂(SNS集客・ライター)オンライン◎ (@nahouemura) on

 

 

上村菜穂 プロフィール

女性集客講師

〝SNS初心者でも半年で月10名を集客できるメディアづくり〟をコンセプトに
自身の開催イベントでは女性を延べ1,000名以上集客してきた。

そのノウハウを法人・コミュニティ向けに東京・大阪・福岡をはじめとした全国で
延べ2,000名以上に向けて講演活動をするほか、
女性起業家向けの集客・PRコンサルティングを主軸に事業を行っている。

Google、Yahoo、いずれもの検索エンジンの『女性集客 インスタ』にて1位を独占。


ライターとして、20代女性向けの集客やPRを強みに、2015年に学生から個人事業主として独立。
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。

女性が自分らしいことを仕事にして、豊かなライフスタイルを送れる社会をつくるべく、今後は女性起業家のコミュニティー形成を目標にしている。

■主なメディア・法人実績 (敬称略)

・研修講師
「楽天大学」(株式会社楽天)
「ロートビューティーマイスターへSNS集客&プロモーション研修」(ロート製薬株式会社)
「お客様から愛されるSNSのお作法
〜集客UPにつなげるプレミアムレッスン〜」(秋田県信用保証協会 創業支援チーム 女性創業支援 チームポラリス)
半年間のサロンオーナー様向けアカデミー研修講師(株式会社UTP)
女子大生向けの人生設計を講演(株式会社サイバーエージェント)(株式会社マイナビ)など。

・ライター
「by.S」(株式会社サイバーエージェント)、「起業サプリジャーナル」(株式会社ネオキャリア)、「GOLMAGA」の女性向け企画・ゴルフ美人インタビューの企画、インタビュアー(東急電鉄)、福島 震災復興取材(近畿日本ツーリスト)、「家事大学」(株式会社ベアーズ)など。

・その他
秋田魁新報社(2019/10/26、2019/10/30)掲載
「おはよう日本 まちかど情報室」(NHK)
2016年五月祭にて「教育のできない人は起業を諦めなさい」(東京大学)
会員数34万人の日本最大級Webメディア『Schoo』に出演など。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

プロフィール

 

———————

♢メールマガジン

1,000名以上の集客経験から女性集客ノウハウをお伝えする無料登録プレミアムメールマガジン

『SNS初心者でも半年で月10名集客ができるメディアづくりの秘訣』

 

♢お仕事依頼のお問い合わせ

→講演・ライター・インタビュアー・講師等のご依頼、ご相談をお待ちしています。