人気就職先トップ100にスカウトされた秘話とそこから得た大切なもの


■主催イベントのお知らせ

24歳以下の女性を対象に、人生設計女子会ワークショップを開催します!

【大人気のため日程追加】U24人生設計女子会 少人数制ワークショップ

 

 

こんばんは。

今日はお家で読書をしたり、玄関のお掃除をして小学生の男の子に「こんにちは」と声をかけてもらい心が温かくなったり^^

 

午後はローズティーを飲みながらスイーツを食べて、

ショパンを聴いてブログを書いています。

明日はまた外でお仕事なりスケジュールもあったりなので、

自分としっかり向き合うことができる時間をとれるのは、なかなかいい1日♡

 

4045403445_82080bcc2b_z

 

 

さて、タイトルはいつかブログに書こう!と思って書いていなかったお話です。

 

実は大学3年生の頃に、学生の人気就職ランキングトップ100に入る某大手企業さんからスカウトしていただきました。

 

「どうやったらスカウトされるの?」

 

how to にご期待いただくとちょっと裏切ってしまうかもしれないのですが、

こんな裏話もあるんだなーと覚えておいてもらえたらなと思います。

 

 

ちなみに大学3年生の頃の私といえば、

週4日ほど授業に、センスのない建築のデザインの作成。

週5日の部活動に加え、日曜日の夜はコーチのいるスポーツジムに行き練習をするけど実力もないどころか、劣等生の陸上短距離選手でした。

 

週5の部活のうち2日はジムでのトレーニングで自由時間なので、朝一に学校に来て練習したり4限の前に空きをつくって終わらせたりして

都内まで行き、イベントに足を運んで、色々な方にお会いしていました。

 

このときの自分に自信もないし、

取り柄といえば真面目なことと根性と体力でしょうか(笑)

 

練習ですごく疲れていても

「今日、ここで参加したら何かあるかも!」

と自分に言い聞かせ、

自分の中で将来に対して行動している自分に酔っていたかも思います。

軸もなく動いていなかったので。

 

まぁ、結果としてこの動きが決して無駄ではなく、

やっぱり投資だったと今は感じられるのですが。

 

 

唯一誇れることがあるとすると、

理系で文系と同じ体育会に所属し、怪我もしないように徹底的なケアをして学業と部活を(生活上は)両立できているということ。

 

とは言え、結果が第一の大学の陸上では、いくら練習していようが結果が出てないとなんの意味もなかったし、終いにコーチには

 

「怪我をしないということは、怪我をするくらい極限まで追いこんでいないということだよ。」

 

とあっさり言われ、

「根性も体力も実は取り柄ではないのかも。」と落ち込んだり。

 

 

女子大生ライターになったのは大学院1年の夏なので、ライター活動はなにひとつしていませんでしたが

それでもスカウトしていただけちゃったのです!

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

このブログを読んでくださっている方は

 

「じゃあなんでスカウトされたんだ!?」

 

っていうところですよね。

ましてや、人の採用に困っていない大企業に。

 

 

 

私が大企業にスカウトされたときにやっていたこと。

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4086328021_1ca8eb0b2b_o

 

 

 

 

〝街を歩いていただけ〟

 

なのです!

 

 

 

 

2月だったのでお気に入りのコートを着て、

とても陸上選手ではないやや長めの髪はポニーテールにして、

お気に入りのブーツを履いて。

 

 

 

それで都内を歩いていました。

 

 

すると本社がある某駅近郊で

 

『あのー、すみません。』と。

 

 

方向音痴なのに道の案内をよく聞かれる私は

きっと道案内だろうなと思い、話を聞こうとすると

 

『今ってお仕事なにかされていますか?』

 

「いえ、今は学生です」

 

『あぁ、それは失礼しました。私、◯◯会社の採用をしている者でして…

あ!怪しいと思われるといけないので、お名刺を只今差し上げますね。

 

◯◯ ◯◯と申します。』

 

 

「??

あ、はい。ありがとうございます。」

 

『実は今、一緒に働く人を探していてお声がけをさせていただいた次第です。』

 

「!!  (驚きのあまり声が出ない。 というかこれは本物だろうか。)」

 

『突然声をかけられても驚きますよね。すぐそこに本社がありますので、もしお時間が許すようであればお越しいただけないでしょうか。』

 

と後ろを振り向くと、

大きなビルにきちんとその企業の看板がついてありますじゃないですか。(!)

 

 

しかもちょうど時間があったので、そのままご案内していただくことに。

 

15053368806_c979790007_z

 

そこから企業の話をしたり、どんなことをしたいのか聞いていただいたり。

 

すると

『実はですね、募集していて今回上村さんにお声がけさせていただいたのは営業の社員を採用のためなのです。』

 

「ありがとうございます。けれど、なぜ◯◯会社様のような大企業が私にお声がけしてくださったのでしょうか?

 

学生の中でも人気と聞きますし、きっと、応募なんて山のようにこられていますよね。」

 

『えぇ。有難いことに、ご応募はたくさんいただいております。

私たち採用も、みなさまのお気持ちに応えるべく、懸命に書類へ目を通しています。

 

しかしですね、書類からではその人の雰囲気はわからないのです。

 

営業というのは第一印象から大切な仕事です。

 

ならば、私たちは、自分たちが〝この人と働きたい〟〝この人の話は聞いてみたい〟と思える方にお声がけをし、最終選考までパスしていただくことにしているのです。』

 

というお話をいただきました。

 

 

なのでこのとき私は思いました。

「(新卒に対して)企業が能力ではなく相性というのはよく聞くけれど本当なんだ。だからきっと、私は自分がやりたいことと一致して、かつ、私の雰囲気を必要としてくれるところに行くんじゃないかな。」と。

 

 

結局どこにも行きませんでしたが(笑)

 

 

なのでこの記事を通してみなさんに伝えたいことがあります。

 

それは、

〝あなたはあなたがつくり出す空気感を大切にしてほしい〟

ということです。

 

20585952874_aaa3ae74ee_z

 

中途採用は能力ベースのようですし、

傾向として(新卒と言っても一概には決して言えないのですが)

これから成長していく新卒は、その人の本来備わっている

才能…つまりは能力ではなく、ありのままの自分が持っているものに着目していいのだと思います。

 

 

その人の才能に着目をしてESを書くと、

後輩たちは今のところ書類通過したと連絡してくれたのが92%になりました(^^)

 

 

なので「資格をとる」と頑張っている学生さんは

もう一度そのゴールと、それを得ることによってあなたの何がどう変わるのかをジャッジしてから動くといいのではないでしょうか。

 

例えば建築家になるためには、建築士という国家資格が必要なのですが

「就職に有利になるから」

と言って勉強するならば、私はもっと他のことに時間を割くことをおすすめします。

 

就職ではなく、自分がありたい姿に必要なものなら頑張るべきだけれど、

目先のゴールのためだとあまりに費用対効果が悪いし、

同じ理由でその資格を目指す人が山のようにいる中で

どう差別化していくの?ということになってしまうのです。

 

ちなみにワークショップではニーズがあれば書類のPRなど、その辺もどうすればいいのかお話できます♪

が、ESに特化したイベントもあってもいいのかな?なんて思ったり。

 

 

あなたがいることによって、そのコミュニティーの空気はどうなるのか。

明るく振る舞えることによって人を元気付けるのかもしれないし、

クリティカルな視点で見ることができるので、冷静さを取り戻すことができるのかもしれない。

 

トークで人を自然と笑顔にすることができるのかもしれない。

もしかしたら場を和ませたり、癒す存在かもしれない。

 

そういった自分が作り出せる空気感こそ、大切な才能であり強みなのです(*^^*)

 

 

→ちなみに私が色々な方にお薦めしている自己分析の本に『さあ、才能に目覚めよう』という本があるのですが

この本では〝才能〟を〝じぶん〟と読み(以下、本文の表紙裏を印象)

 才能とは、無意識に繰り返される思考・感情・行動パターンであり、何かを生み出す力だ。

 たとえば、頑固さ、無神経といった欠点さえ、

 それが力を生み出すなら「才能」となる。

才能はだれにでも必ずある。

と定義付けています。

 

けど社会人は能力や経験、実績が大事だということを

私も常日頃、実感も痛感もしているのでそこは努力ですね!

 

7033472681_39b569391b_z

 

 

■主催イベントのお知らせ

24歳以下の女性を対象に、人生設計女子会ワークショップを開催します!

【大人気のため日程追加】U24人生設計女子会 少人数制ワークショップ

 

お申し込みフォーム

http://goo.gl/forms/XOo0EjnD6P

12/6 (日)10:00-12:00→満員御礼

12/13(日)10:00-12:00→満員御礼

12/20(日)10:00-12:00→満員御礼

12/27(日)10:00-12:00→満員御礼

 

1/10(日)10:00-12:00→満員御礼

1/17(日)10:00-12:00→満員御礼

1/24(日)10:00-12:00→残席1名

1/31(日)10:00-12:00→残席4名

 

 

■パーソナルブランディング&PR 個別コンサルティング

パーソナルブランディング&PR 個別コンサルティング

→こちらは男性&25歳以上の女性でも、24歳以下の女性でもみなさま可能です。

現在の価格は【モニター価格で残り1名】です!

 

メールマガジンで20,000人のファンをつくった女性集客,PR,パーソナルブランディングが得意分野。

 

上村菜穂Profileはこちらです*

Profile

 

 

■お客様の声

「 女性らしくて素敵な方だと思いました。そしてとても聡明でいらっしゃると思います。喋っていて相手が欲しい返答を分かっていられるのではないかと思いました。

またとても人の事を分析するのがお上手で全て分かられているのではないかと思い恐ろしい位素晴らしくいらっしゃると思います。

 

・喋りやすい雰囲気を醸し出している

・信頼できる

・相手のニーズが分かる

・客観的に話が聞ける

というのが上村さんと接していて感じることです。

 

私はいつも中身のない話をしていることが多いので短時間でしたがいつもより内容が濃く深い話が出来て本当にとても有意義な時間を貰えました。ありがとうございました。」(大学4年 Y.Nさん)

 

 

「今まで自分は継続が苦手だと思い自信を持てずにいたけれど、実は継続して海外をいつも追っていたこと、いつも不安だったのは考えているからだということに気がつくことができました!

 

今まで自信のなさが邪魔をしていたけれど、菜穂さんの言葉通り、やりたいことを実現する方法を知ることが出来れば何か変わるかもしれないと相談を終えた今は思うことが出来ます!

 

自分で考えているだけでは辿り着けなかった自分の特徴、魅力に気付かせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです!今日は丁寧にお話聞いて、アドバイスくださりありがとうございました」(大学2年 S.Sさん)

 

 

「今日は有意義なお時間をありがとうございました(;_;)♡

 

すごくモヤモヤしてどうしようと思っていたのですが、今までで一番腑に落ちる答えがでました(*´ω`*)

 

それは本当に菜穂さんのお陰です!!

 

どんな人に話した時よりも、私らしさを引きだして、形にしてくださりました。 八方美人と仰っていましたが、私はそうは思わなくて、誰に対しても心を開いて話を聞こうとしてくださる姿がきっと相手の本心を引きだして、その人らしさを引き出す強みなんだと思いました♡

 

僭越ながら、改めて菜穂さんにしかない強みだなあと思いました!笑

 

本当にありがとうございました!」(大学2年 M.Tさん)

 

 

 

 

 

■ご提供中のメニュー

イベント取材、電子書籍出版プロデュース、  パーソナルブランディング&PR 個別コンサルティング

Menu

 

→こちらは男性&25歳以上の女性でも、24歳以下の女性でもみなさま可能です。

 

お会いできることを楽しみにしています^^

(Visited 2,069 times, 1 visits today)