Vol.1 掃除の3原則は「あわてず」「あせらず」「◯◯◯◯気持ちで」


4728623238_88ca232489_z

『家事大学』の第1章では、掃除学の準備編、心構えや家事への基本的な考え方の視点を学べます。

 

私は家事大学を知るまで、

家事はやらなくてはならない作業だと思っていました。

 

ところが,この講座を受けると…
〝自分や家族が心地よく日々を過ごせる大切なおもてなし〟

なのだと気がつきました。

 

学長の高橋ゆき先生がご挨拶のときに

「ベアーズレディ(家事代行サービスをするスタッフさん)は

自分の人生の経験を生かして人の役に立てる〝尊いこと〟をしているのです。」

とおっしゃっていました。
そんな家事大学の掃除の3原則は、

「あわてず」「あせらず」「やさしい気持ちで」

です。

 

特に3つめの「やさしい気持ちで」という言葉を聞いたときに、

作業ではなく、おもてなしなのだと感じたのです。

 

テキスト全体を通して

「どうしたら気持ちよい空間が作られるのか」

というところにフォーカスがあり、そのベースをもとにテクニックがあるようで、学ぶだけでもやさしい気持ちになれます。

 

掃除の全ての基礎になる

・汚れがムラなく拭き取れる手順

・ひじ、手首を傷めずにする方法

・磨き方の3step

も丁寧な解説や豊富な経験談をもとにご紹介。

 

とくに印象的だったのは、先ほどお伝えしたように

ごしごしやったら輝かなかったものが、「やさしくやったことによって輝いた」という講師の阿久津先生の体験談です。

 

なんでも力を入れればいいのではなく、程よい力加減でやることが理想で、

それをこの講座で学べるので、作業であった家事が、家族を大切にするおもてなしのひとつであるという向き合い方になれることに、とても魅力的があります。

 

6227765634_9d81cc1cf8_z

この章の最後には、「心地よい空間作り」ということで

  • 換気

  • 香り

  • 演出

とご紹介されています。

 

換気をより効果的にする方法や、愛着や安心感を持てる香りの重要性、

演出することによって、光輝く場所をつくるための着眼点も。

 

 

知識があるだけで毎日が楽しくなる方法が満載です*

お金をかけなくても、ちょっとの工夫で人生が豊かになる。

それを提供できることは、すごく尊いことですよね。

 

 

次回は第2章 掃除学の基礎編 〜基本の道具&洗剤〜をご紹介します!

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

*家事大学HP

*【上村取材】家事大学のご紹介ブログ

 

(Visited 238 times, 1 visits today)
コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です