Vol.6 掃除学実践編 〜毎日、家族全員が使う水回りをキレイに磨く掃除方法〜

2086365849_1413497b16_z

 

水回りのキッチン・バスルーム・トイレ・洗面台は、家族にとってプライベートな空間です。

毎日使う場所であり、健康面や美容面にも関わる場所であるので、清潔さや衛生面に注意が必要です。

 

今回は、そんな水回りの基本や掃除方法をご紹介します!

 

 

水回りの掃除を効率良く、効果的に!基本の5ポイント

「水回りの掃除」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?基本として抑えておきたいところは5箇所。

 

それは「換気」「スペース作り」「仕上がりの確認」「鏡・蛇口」「悪臭」です。

それぞれ個別にポイントのみお伝えすると、以下のようになります。

 

換気:水回りの各箇所は、換気扇は常に作動。特に窓がない箇所はカビの発生を抑える効果もあります。

 

スペース作り:水回りに限ったことではないのですが、お掃除をしやすいスペースをつくる方が作業効率がぐっと上がりますよね。

特にトイレの場合は、小物類をすべて出して狭い空間でも掃除をしやすくします。

 

仕上がりの確認:家族全員が使用する水回りは、掃除をする人だけの目線のみだと見逃してしまいかねません。残っている汚れや拭きムラが見つかることもあるので、色々な位置から検証しましょう。

 

鏡・蛇口:水回りの中で輝きを感じる大事なところが鏡と蛇口。この箇所を磨いておくだけで、全体がキレイに見える嬉しい効果もあります。

 

悪臭:悪臭は根本から除去することが重要です。例えばトイレならば、トイレの台座、床、壁など掃除を心がけることにより、悪臭を元に断つことができます。

 

 

毎日使う水回りこそ、キレイのベクトルは日々の積み重ねから。

毎日使うところであるからこそ、汚く使う習慣が身についてしまうと、いざキレイにしようというときに大きな労力がかかります。

だからこそ、日々の小さな習慣で、「キレイのベクトル」に変えていくことが大事なのです。

 

家事大学の『水回りの掃除 実践編』では、バスルームとトイレ、洗面台の掃除方法を詳しくそれぞれ伝授しています。

 

バスルームならば、鏡・浴槽・排水口・シャワー・壁・ドア・桟で

トイレならば、便器・床や壁・小物・水受け

洗面台は、洗面ボウル・蛇口・鏡・洗濯機回りです。

 

1471268812_c9d99088e6_z

例えば浴槽。

お湯を張る量を決めていると、お湯の水位に沿って水アカが付きます。

喫水線というものですが、これを掃除するポイントは、お風呂用の洗剤を、お湯を抜かずに喫水線に沿って撒きます。

 

そうして15〜20分ほどそのまま放置をしたあとに、汚れが緩み、浮かんでいることを確認してから、お湯を抜いてスポンジで丸く円を描くようにして洗います。

 

タイミングとしては、お風呂上がりで残り湯や湯気で温かくなっているときに行うのがベスト。

 

 

このように、排水口なら重曹+酢を活用して臭いのもとを取り除いたり、壁はキッチンペーパーを使うと効果的な方法をご紹介しています。

 

特に、洗面所の掃除をして、鏡を見ると、ちょっと幸せな気持ちになりませんか?1日が楽しく始められる。そんな気持ちを前向きにする効果もあるのです。

 

 

次回は玄関や外回りの掃除方法です!

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

*家事大学HP

*【上村取材】家事大学のご紹介ブログ

 

取材依頼はこちらからお申し込みください。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です