Vol.5 掃除実践編2 〜居心地のよいリビングにするために〜

194266192_c05af52118_z

 

リビングとは、家族が集まり明日のエネルギーをチャージすることができる空間。

掃除をすることによって、家族の元気の源を作り出し、家族への思いを強くし、そこで生活をする家族が元気になるのです。

 

その家に住む人たちの暮らし方を表す象徴でもあるので、

何にこだわり、どんな思いで、何を大切にし、何を発信し伝えたいのか。

いつものリビングを見つめ直し、掃除をしてみませんか?

 

リビング掃除、まずはここから。4つのポイント

pretty

pretty

リビングの掃除の4つの基本は

  • ホコリ
  • 換気
  • 整理整頓
  • 拭きムラ

です。

 

まずホコリは、カーテンやソファ、観葉植物の表面にもついているなど、目立たないところにもたくさんあります。

家の中のホコリは5時間くらいで落ちるので、朝はホコリが落ち着いています。このタイミングを活かして、上手に掃除をしていきたいですね。

 

換気は通気が大切です。2ヵ所以上開けて、空気の通り道をつくってあげましょう。香りを用いることでイメージアップもでき、過ごしている人も楽しめます。

 

整理整頓は、小物類が必ず所定の位置にあることが大切です。

どこに置くのか決める。使い終わったらその場所に戻す。

このシンプルな2ステップを守ることによって格段に居心地のよい空間になります。

 

拭きムラは同じ方向、同じ視点、同じ高さから見てしまうと、つい生じてしまいやすいものです。

この改善策はその場、その場に適したものを、適した道具を用いて、家事大学でご紹介しています!

 

 

居心地のよいリビングにするために

リビング掃除の実践として、講座でお伝えしているのは

  • 換気のポイント
  • 照明器具
  • 窓ガラス
  • 窓の溝
  • 網戸
  • 床や階段
  • 小物(リモコン、ケーブル、PCのキーボードなど)
  • エアコン
  • 家具の上やすきま

です。

 

 

今回ここでは私が一番驚いた『窓ガラス』のお掃除の仕方をご紹介します。

 

「洗剤をつけて拭くもの」なんて思っていたのですが、大間違い。

肝心な下準備を省いてしまっていました。

 

窓ガラスの掃除は、

  • ホコリを払う:このとき、家事大学でおすすめしているオリジナルグッズで『ストッキングだんご』というものがあります。これを用いるとホコリがストッキングの素材に吸い込まれ、どんどんとれていくのです!
  • 拭き掃除:このときのポイントが2つあります。まず1つめは、同じ方向で拭くということ。そしてもう1つが、水拭き→から拭きの手順でやることです。
  • 仕上げ磨き:古いTシャツなど、毛羽の立たない素材のものを使用するのがよいでしょう。このときも一定方向で磨いていきます。

 

※ガラス専用のクリーナーを使う場合は、アルファベットの「Z」の文字を描くように窓に吹きかけます。

こうすることによって、液だれを起こしても、窓ガラスに均等に洗剤を行きわたらせることができるのです。

 

 

こんな感じで9項目の掃除方法をイラスト付きで伝授しています!

 

 

家族が集まるリビングを、居心地のよい空間にして日々をより楽しく充実させませんか?

 

次回は水回り編をご紹介します。

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

*家事大学HP

*【上村取材】家事大学のご紹介ブログ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です