Vol.3 掃除学基礎編 〜誰しもが避けたいホコリ、ダニの対処法〜

9407061584_559d025453_z

 

「快適な家に住みたい」

そう誰しもが願い、どんなに片付けたとしても決して避けて通れないもの。

 

それが、ホコリとダニです。

 

今回は『家事大学』の掃除学・基礎編として第3章で習得する〜ホコリ〜と第4章で習得する〜ダニ〜について学びましょう!

 

第3章

1、ホコリとは何か

2、ホコリが体に与える影響

3、ホコリ発生のメカニズム

 

第4章

  • ダニについて
  • ダニ退治のポイント
  • ダニの発生予防

 

という目次で構成されているので、ここについて講座の一部をご紹介します。

 

 

動線のあるところこそホコリが発生!掃除がこまめに大切なもうひとつの理由

ホコリとは、空気中に浮遊していたりして私たちの身の周りにある、ありとあらゆる物の微粒子(かけら)です。そしてハウスダストも室内にたまるホコリのことです。

 

空気のあるところにホコリは発生し、

  • 日常の中のホコリの上げ下げ

  • 衣類の着替え

など人が動くところにホコリは発生するのです。

 

これは私も講座へ取材に行って初めて知ったのですが、

人の動線のない納戸や物置よりも、人が多く集まる部屋の方がホコリが溜まりやすいのです。

 

なので、みなさんが今、毎日過ごしている場所こそ掃除をこまめにする必要があるのは、整理整頓の快適さ以外の理由でもあるのです。

 

 

人が過ごしやすい環境を好むダニへの対処や予防法とは

私たち人間にとって大敵な”ダニ”

その大きさは0.1mmという目で確認し難いものなのですが、アトピー性皮膚炎の原因の8割はこのダニの死骸やフンなのです。

 

では、そのダニが好む条件をみなさんはご存知でしょうか?

 

ダニの好む条件とは、

湿度は60〜80%

温度は25℃前後

エサは人体の皮脂、フケ、髪の毛などです。

 

つまり私たちも比較的過ごしやすい5月が、ダニにとっても過ごしやすい季節なのです。

 

また、畳やエアコンの中も、ダニにとって快適な生息環境と言えるのです。

 

だからこそ、ダニを退治するために、

  • お布団は天日干しにする

  • 部屋の空気の入れ替えはこまめにする

  • シーツを洗う

ということはこまめにしましょう!

 

ダニの発生を予防する方法は、コートをなるべく外で脱ぐことや、靴底につく汚れを落としてから玄関に入ることも有効です。

それ以外にもちょっと知っておくと便利な知識は家事大学でご紹介します!

 

 

快適な空間の根本からキレイにすることにより、本当の居心地のよさが得られますよね。

日常の生活に近いものだからこそ、抑えるべきポイントを知っておきましょう!

 

次回は第5章、〜キッチン〜をキレイにする実践方法をご紹介します。

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

*家事大学HP

*【上村取材】家事大学のご紹介ブログ

 

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です