仕事を頑張るモチベーションは人それぞれ。

昨日は神楽坂へ、お礼をしたい同年代の経営者の方へ会いに行ってきました。

 

私には想像がつかないほど大きな仕事をしていて
社会的な実績、実力がある方々から信頼をされていて、
そんなことをしている先にどこへ向かっているんだろうと思って聞いてみると…

「ゴールはわからないし、これがやりたい!みたいなものも明確にはない。」

と。


正直、私は経営者(というより仕事を頑張っている人たち)というのは
・ゴールがあって
・どんな問題で誰を助けたいのか明確
だと思っていました。

 

それは多分、私自身がそうでないと頑張れないから

 

→事実、やりたいことがわからなくなってしまったときは辛いというか、しんどいなと思った

 

「今後のビジョンって何ですか?」
「誰のために、何がしたいんですか?」

 

と質問してしまうけれど、それは私の一方的な価値観。

 

 

みんながみんな、そうではないという視点を得ました。

 

ゴールが明確ではなくても、
やりがいが何かをわかっていたり、
もしくは周囲の人たちはどんな人がいいか明確な判断軸があったり。

 

あとは仕事が選べる立場になっていて、
そのときそのときで自分がワクワクというか楽しむ感覚の延長線上にものすごい仕事をしていたり。

 

その方が以前、ブログに

 

「日本に生まれてきた、ということは
相対的に恵まれていることに違いありません。

電気や水道があったり、学校で学ぶことができたり、国が生活の最低限を保証してくれる。

隣近所と比べるのではなく、
恵まれている環境の上でどう生きるのか。」

 

というようなことを書いていました。

 

今でも印象に残っているのは
私の中でも共感するものがあるからなのですが、

そういえば自分が辛かったときに頑張れたのはこの価値観が頭の隅にあったからだな、と。

 

 

仕事に取り組むモチベーションは色々あると知ったり、
置かれている環境に感謝をして努力して、その先に自分の思う幸せな人生を送りたいし、送れる仲間を増やしたいなと思った金曜日でした。

 

さて、今日は土曜日ですね。
私は土日こそ仕事ですが、いい一日を^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)