独立したい!orしているけれどSNS発信の魅力が腑に落ちないあなたへ。発信の醍醐味と効果的な方法とは

自分でビジネスをする中で「SNSの発信がなぜ必要なの?」という質問や

「必要性があまり腑に落ちない」という質問をいただくことが多いので、私なりに

 

  • なぜ必要なのか。

 

  • どうしたら効果的に使えるのか。

 

を考えてみました。

 

 

【初心者向け】ファンをつくってお客様に愛されるInstagramのつくり方セミナー

 

 

まず発信に関しては思うことは

発信してもなにも起きないかもしれないけど、何か起きるかもしれないということです。

 

 

逆に言えば当然ですが、発信していなければ何も起きません。

 

 

 

ネット上に残ることはある種リスクを背負ってしまいます。

自分の意見で誰かが不快になるかもしれないし、厳しい反対意見がくるかもしれません。

 

 

誰か特定の人を批判・中傷する内容はよくないと思うのですが、

あとは「価値観が違うんだな」と受け入れることは器の大きさにもなるんじゃないかなと感じます。

 

(まぁ私はこういうのが前までかなり苦手だったのですが。26歳にもなってくると受け入れないといけないものもあるのだとようやくわかってきました。笑)

 

 

 

けれどリアルと違って、スルーしてもいい世界なので

見て意見をくれるのはどんなものであっても関心があるからなのだと。

 

 

特定の人を批判・中傷していない上で

相手があまりにも感情的に批判しているだけなら気にする必要はないし、

もしかしたらその批判や反対意見は時に気付きを与えてくれるかもしれないのです。

 

 

 

また、自分の意見や考えを伝える一番の魅力は、

明確に伝えれば伝えるほど、

そして継続すれば継続するほど、

 

価値観の似ている人・共感できる人と出会えることだと思います。

 

 

しかも一度きりの出会いではなく

〝繋がり〟になることがあるのが一番の醍醐味。

 

出会うのは簡単だけれど、何度でも会いたくなる人は

お互い限られると思うので、

お互いが繋がっていたいというか「また会いたい!」と思えることってすごいことではないでしょうか。

 

 

 

 

週5日くらい行く場所が決まっていて、

どんな仕事のスタンスでもお給料が入ってくる生活なら

無理してまで必要なことではないかもしれません。

 

 

けれど個人で仕事をするということは、

「個」なわけで、共感できる人との出会いは仲間が増え、

それによって自分が力になりたい人の力になれる幅が広がります。

 

 

自分が提供しているサービスの分野において段階が違ったら

お客さんになってくれる可能性もあります。

 

 

私のところに

「専業主婦が絶対に幸せ」

という価値観の人が近い距離で来たことはないというか、

もうほとんど出会うことがなくなってきました。

 

 

 

しかもここが面白いところで、

私の場合は可愛がってくれた祖母の介護も協力したいし、

それが実現できるという点でフリーランスとして働くことにものすごく魅力を感じています。

 

 

 

だからこそ、専業主婦の真逆で

「女性でも家族のことより仕事、仕事、仕事!!! いつ休んでいるのかわからないような生活がいい」

と思っている女性と出会うこともほとんどなくなりました。

 

 

「今は四六時中、仕事になっているけれど、その現状を変えたい!」と思っている人となら

お会いすることはあるのですが^^

 

 

 

 

友人としてならいいけれど、

でも長時間話すならやっぱり同じ方向性を見ている人との方が話しが盛り上がるし、

アイディアが湧くこともあります。

 

 

男女問わず

女性が働くことへ反対の人よりも

女性が楽しんで社会や周囲の人に価値を与える仕事をすることを受け入れてくれている人の方が

将来のことを話していて「楽しいな!」って思うのです。

 

 

だからこそ発信して、むしろ発信し続けて

自分の考えややっていることを伝えることは

交流会にたくさん足を運んで表面上の名刺交換をするより効果があることが多いのです。

 

 

 

自分の仲間や、時には提供している分野を必要としている人(ゆくゆくはお客さん)に出会うためにも

発信し続けることは有益だし効果的かつ効率的だと思うのです。

 

 

 

では、発信していても

 

「人が集まる人」

「人が集まらない人」

 

の違いが生じてしまうのはなぜでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはブランディングができているかどうかが大きな要因です。

 

 

別の言葉に置き換えると

「世界観が統一されているかどうか」

ということです。

 

 

→ちょうど一昨日お会いした女性の方が

「世界観」をコンセプトにビジネスをつくっていて

そのコンテンツがものすごく素敵でした(^^)

 

 

 

ブランディングができている発信だと効果も格段に上がります。

 

あとは人から紹介をいただくことも増えるし、

紹介は基本的に「合うだろうな」と思うからしてもらえるので、

いい出会いが多いです。

 

 

また、SNSがきっかけの出会いもなかなかいいものだなと。

 

 

なぜなら私の場合、今仲良くさせていただいていたり、

仕事をご一緒させていただく女性起業家の方のほとんど100%が

公私ともに実は

「はじめに知ったきっかけはSNSだった」

みたいなものが多いのです。

 

 

これだけ情報過多の時代に、

スルーしてもいい存在であるSNSの中で印象に残るのは

何かしらの理由(共感や憧れ、興味・関心など)があるので

それを両者が思ったときの出会いは一度では終わらず

繋がりになるなと実感しています。

 

 

だからこそ

ブランディング(◯◯といえばこの人!orこの人といえば◯◯)というか統一感は重要!

 

 

 

統一がないと、人からすると「よくわからない人」になってしまい

よくわからない人ほど記憶に残らないことはないですよね。

 

 

 

じゃあその世界観というかブランディング力をどう上げればいいのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その具体的な方法はちょうど昨日ひらめいたので、

InstagramなどのSNSセミナーでお伝えします!(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません、もったいぶって>_<

 

けれどブランディング力をどう上げていったのか、

具体的なトレーニング方法で一番しっくりくる回答が2年以上見つからなくて。。

 

 

 

考えても、考えても

「これかも?」

みたいのはあったので伝えていたけれど

「これだ!!」

という感覚になったのは本当に昨日なので

 

 

セミナー特典にしたいなと思います♡

 

 

 

 

 

 

ということでご興味持っていただける方はぜひお越しください^^

 

 

【初心者向け】ファンをつくってお客様に愛されるInstagramのつくり方セミナー

 

 

 

 

上村菜穂 プロフィール

 

女性キャリア支援・PRブランディング

20代女性向けの集客やPRが得意なライターとして学生からフリーランスとして独立。

14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。

東急グループ『GOLMAGA』での企画立案、サイバーエージェントが運営するアラサー女性向けメディア『by.S』でライターを担当。

『楽天大学』にてライティング講師、東京大学・学園祭2016年で『教育のできない人は起業を諦めなさい』にて女性唯一のパネラーに選出され登壇するなど、登壇は述べ1,000名以上の前で行う。

自身の開催イベントでは女子大生を中心とした20代前半女性を述べ600名以上集客してきた。

現在はこれらの経験を活かし、ライター業に加えて女性の起業・PR事業をしている。

またNPO・Schick Woman(粋な女性)のコミュニティー代表としても活動中。

♢メールマガジン

女子大生ライターからフリーランスのライターになった上村菜穂がお届けする

『女性が自分らしいライフスタイルを送るためのメールマガジン』

‪https://maroon-ex.jp/fx42292/5lAzgb

♢Instagram

〝品のある可愛さ〟をコンセプトに発信中。

フォロワーは主に20代の女性フォローがメインで2,400名越え。

https://www.instagram.com/nahouemura/

 

♢お仕事依頼のお問い合わせ

nahouemura.0708@gmail.com

→講演・ライター・インタビュアー・講師等のご依頼、ご相談をお待ちしています。

 

♢詳しいプロフィールはこちら

Profile

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)