19歳の女子大生の子に聞いた、とある女子校の裏側を聞いてショックと衝撃を受けた話。

今日は親しい後輩の女の子のおかげで、

ものすごくしっかりしている女子大生の子と会い

「こんな19歳、初めて会った!!」

とかなり驚きました。

 

 

なので

「ものすごくしっかりしているね。こんな大学1年生、初めて会ったよ」

と衝撃を受けていると

「まぁ、これまでの人生の環境が環境でしたからね。」

と一言。

 

 

聞き逃すべきか迷ったけれど、社会を変えたい!と本気で思っているのが伝わってくる子で

 

なぜこの女の子はこれほどしっかりしているんだろう。

何を経験したんだろう?

 

と、その信念の奥底が気になったので、

「差し支えない範囲で、どんな環境か言える範囲で教えてもらってもいい?」

と聞くと

「あ、全然大丈夫ですよ!」

と言ってくれたのでその信念の背景を聞けることになりました。

 

 

 

すると…

 

 

2347879999_908f85e53e_o

 

 

彼女の中学校がお嬢様学校なのですが、その知られざる裏側と言うものがあるようで。

 

あまり濃く書いて、どこの学校かわかってしまうと、

その学校にいる良い人に申し訳ないのでざっくり書くと

 

 

一見、幸せに見える環境にいるようでも

環境の悪さにストレスで病気になってしまったり、

「キモい」というネガティブな言葉を何度もかけられて、

お風呂に1日8回入らないと気が済まず、肌が荒れて血が出るほどに傷つけてしまったり。

 

先生は見て見ぬ振りをして、明らかにわかるいじめがあっても止めないし

親は子供を子供として見ておらず、

言うならば喋るお人形のような扱いで、苦しんでいてもおかまいなし。

 

 

居場所をなくした子は、

時には、命までも…

という話を聞いたときには鳥肌が立つような衝撃でした。

 

けれど、こういうことって大人の事情というもので

ニュースで報道されないとのこと。

 

 

貧困においても、本当に苦しんでいる人は

見えるところにいないと聞いたことがあったけれど

ましてや「学校」という、

基本的にみんながどこかに所属をし、

そんな世界が広がっていることも知らずに選んでしまい

自ら命を絶つ人が一人や二人ではなくいるという

ものすごく悲しい現実があると知りました。

 

 

親からの仕打ちがひどい人は

そのストレスを学校で弱い人に当てるなど。

 

 

以前、ランチをした女性の方が

「本当に優しい人って、お年寄りとか身体の弱い人とか、

立場かもしれないけど、弱い人に優しくできる人だよね」

 

と言っていたことを覚えているのですが

 

思春期の女の子にとってそれって難しいことだと思うし、

だからこそ親の教育や大人の教育って大切なんだなと

頭ではわかってはいたことが、改めて心に染みました。

 

 

だから環境って大事というのを、

ネガティブな側面を知ってより思ったし、

最近、よく話すことに「自己肯定感」というものがありますが

その大切さも感じました。

 

 

この話をしてくれた女子大生の子は

 

「だから私は将来何がしたいとか、正直まだよくわからないんですけど

問題が山積みで、それを何もしてくれない上の人に任せたくなくて、

ただ、みんなを笑顔にしたり、幸せにしたいだけなんです。」

 

と言っていて

その一言が心に響いたのです。

 

 

「笑顔」

「幸せ」

 

 

近いところにあるようで、

これらがあることって尊いことなんじゃないかな、とか。

 

 

自己肯定感ってなんだろう?と考えると

「◯◯ができる!」

という〝成果〟ではなく、

「◯◯な自分でいる」

という〝あり方〟や〝生き方〟をどれくらい認めているのか。受け止めているのか。

 

 

それで大きく変わるのではないかと思いました。

 

 

〝あり方〟や〝生き方〟を自分で受け入れるのは

もともとの価値観というよりは、

きっと多くの人が環境、

その基盤として親の教育や接し方で左右されるのではないかというのが今の私の予想です。

 

 

 

小さい子供ほど失敗を恐れないけれど、

知人のママさんからもう2年近く前に聞いたのが

幼稚園に入らないくらいの子供だったでしょうか。

 

お弁当を自分でこぼしちゃったか、

転んじゃったか、

おもちゃで痛い思いをしちゃったか、

あまりその辺も覚えていないのですが

 

普通のちっちゃい子供なら泣いちゃうくらいのことで

そのママさんの子供やこれまでの友人の方の子供なら泣いていたので

「泣いちゃう!!」

と思ったら、その子供が

「あはっ(^^)」

って笑い出して、

え??って思っていると、その子のママさんが

「あははー!」

って大爆笑していて…

 

失敗してもママが「もー、何してるの!」と怒るのではなく

笑ってあげると、子供もあんなにイキイキ育つんだって思ったんだよね

 

 

という話をしてくれたのを思い出しました。

 

 

 

そのとき、あり方・生き方に関しては

そのお話をしてくださった女性は言っていなかったのですが

今こうしていろんな話や情報がある中で考えると、

 

きっとその子は自分の存在を受け入れられ、

失敗しても生き方に自信を持ち

「自己肯定感」を持ち合わせながら成長できるのではないかと思います。

 

 

そうしたらきっと

自分が何かをできなくても、それによって人にあたったり

傷付けたりすることもないんだろうなと。

 

 

 

まとまったようで、もっともっと考えを深めていきたいし

きっとしばらくは

「これが解決策です」

という一筋縄にはならない気がしますが、

 

このお話をしてくれた女子大生の子や

ご紹介をして繋げてくれた後輩の女の子にすごく感謝をしています。

 

 

 

自分のあり方や生き方を受け入れる。

自己肯定感を持っている。

 

 

 

ある人は自然とあるだろうし、

ない人はすぐにできることではないかもしれないけど、

これと向き合うかどうかって人生をすごく左右するのではないかなと思いました。

 

 

【information】

■イベントのお知らせ

①本物の「自信」とは何か。

②自分だけの魅力を見つけ出し「自信」を持つ考え方&ワーク

③自分らしいライフスタイルを送っている人に共通する3つのポイント

 

お申し込みはこちらです。

7/31(日),8/4(木),8/21(日),8/25(木)

各回5名限定です!
.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

■人生設計女子会メールマガジン

 

ここでしかご紹介しない特別イベント&全イベントの先行ご案内や

女性のキャリア、プライベートも仕事も両立をする働き方

毎日を自分らしく楽しく過ごせるポイントなど…

 

ブログではお伝えしない話を大公開!

ご登録は無料です。

 

*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな
*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)