起業に向いているのはこんな人! 起業に興味がなかったのに180°変わった、中高時代の友人と話して思ったこと

 

先日、中学・高校時代の友人と

とあるパリをイメージしたお店でランチをしました。

 

13450056_909261969199873_6710975037394229641_n

 

9ヶ月くらい前にもお茶をして、そのときは

「美容が好きだけどそれは趣味。

3年以内にもっと条件のいい会社に転職することが目標。」

だと言っていたのですが…

 

つい先日会ったときに

「やっぱり私も独立したいって思ったよ!」

と言っていて、

「きっかけは何だったの?」

と聞いてみるとこんな嬉しい言葉を返してもらいました。

 

 

「菜穂だよ! 菜穂のこと見ていて、こんな働き方してみたいって思ってきたんだよね^^」

 

と言ってくれて

彼女からそんな発言が出ると思っていなかった私は

その一言にただ驚きました。

 

それと同時にものすごく嬉しかったのです。

 

 

そして前回お茶をしているときと大きく異なっている彼女がいました。

 

何が変わっていたのかというと、

それは〝自信〟

 

「私もできるように頑張ろう!」という前を向き

自分を信じて挑戦している姿を目の当たりにして、

起業や独立に大切なことの中で

 

何かのスキルもあった方がいいし、ないとできないものもある。

 

けれど一番大事なのって、結局は心の持ちようなのだと思ったのでした。

 

 

s_IMG_2011

 

ちょっと前まで、私は現在監修している人生設計女子会を

フェーズ1だと考えていて、

 

「将来的には今のライターの仕事のひとつでしているような

PRコンサルティングをもっともっと多くの人にしたい。

 

どんな人のPRのコンサルティングをしたいのかというと、

女性で自分らしさを活かして個人事業主(フリーランス)になって

人の役に立ちたいと思っている人を応援したいのだと。

 

なぜならどんなにいい想いを持っていても、

一流のスキルを持っていても、

知られないと選ばれないから知られるためにリードしていきたい」

 

と思っていました。

 

 

今でももちろん、その想いは変わりません。

 

大きな会社を経営していくことの壁の大きさはきっと今の私が頑張っても想定しきれないことだと思いますが

 

これだけソーシャルが生きている時代に、

個人事業主というスモールなビジネスを始めて、

人の役に立ちながら自由なライフスタイルを手に入れることは

もっともっと自然になるべきものだと思うのです。

 

 

自由なときは自然と心にゆとりも持てるし、

心にゆとりが持てて自分が幸せな状態のときこそ

大切な人を大切にしようと心から思えるし、行動できる。

 

 

自分に余裕がないのに、

人を幸せにするって無理ではないけど、どこか限界があるように感じてしまう。

 

 

個人事業主という働き方が正解ではないけれど

それに憧れる人が「なろう!」と思える文化にしていきたい。

 

 

 

私の価値観はこれだから、

「何言ってるの?」と思う人はそれも間違っていないですが、

私は共感してくれる人に感謝をしたり、応援する側になりたいのです。

 

 

 

そう思って始めたフェーズ1の人生設計女子会は

「個人事業主という働き方があります」

ということをお伝えしたり、

自己分析のきかいを提供したりしていて

そんな〝種まき活動〟が最近すごく楽しいなと以前にも増して思ってきました。

 

 

PRをする前に、まずは個人事業主になる人を増やさないと!

 

そう思って始めたことだったけれど、

誰かの人生のきっかけになって

その人が笑顔で

 

「やりたいことが見えて、抜け出せなかった迷路から抜け出せた!」

「自分の進む道が見えて安心した!」

 

そんな声を聞くたびに嬉しくなるし、

きっかけを提供できることにすごくやりがいを感じています。

 

心に大きな不安を抱いていた人が

次のフェーズが見えて前に進めたらどんなにいいか。

 

その道がわかった本人が笑顔で

「今は遠くても3年後に向けて頑張ります!」

と言って声をかけてくれることがどんなに嬉しいか。

 

 

人生設計女子会を始めてよかった。

種まきをしたつもりが、それが面白いと感じたのです。

 

 

私が参加者の方に

自分が次にしていきたい絵を描かせてもらった気がします。

 

 

こういう輪をこれからもどんどん広げていきたいです!

 

 

 

さて、そんな友人から起業への想いを聞き、

女性で最年少で上場し

現在はベビーシッター事業を行われている経沢香保子さんの書籍を、

以前からたくさん読んでいて久しぶりに経沢さんの書籍の一冊の

『ミリオネーゼの起業入門』

を開いてみました。

 

 

 

そのP23に

「起業に向いているのはこんな人」

というチェック項目が一つの目安としてあるのでご紹介します。

 

□ 仕事がすごく好き

 

□ つい周囲の世話焼きを買って出てしまう

 

□ 細かいことよりも全体を見渡すことのほうが得意

 

 □ 幹事をよく頼まれる

 

 □ 人を喜ばせるのが好き

 

 □ 人前で話すことが好き

 

 □ 目標を設定するのが好き

 

 □ 文章を書くのが得意

 

 □ ちょっとマゾなところがある

 

 □ あねご肌で後輩に慕われる

 

 □ 何に対してもチャレンジしたくなってしまう

 

 □ 正義感が強い

 

あくまでも指標なのですが、五個以上チェックがある人は、性格的に起業に向いている可能性が高いと言えます。

では、五個未満の人は無理かというと、もちろんそういうわけではありません。

誰かの参謀になったり、起業を応援するのが向いているという可能性も考えられます。

 

向いているかどうかは、性格と行動パターンにもよると思いますが、意識することによって変えられる部分もあります。

 

(中略)

 

起業して自分の人生を創り出していくために、一番必要な素質をお教えしましょう。それは、

 

自分が立てた目標や、やると決めたことを、小さくてもいいから、時間がかかってもいいから必ずやり遂げる。それができるか、できないか。

 

この一点に尽きると思います。

 

 

 

ここからは私個人の意見ですが、

経沢さんのまとめたものに「確かに」と共感させていただいたものや、

「あぁ、これ必要だ…」と今の自分に足りていなくて痛感したものもあります。

 

もし私が付け加えるのなら、

  • 謙虚で人の意見に耳を傾けながらも、自分を信じることができる人

  • 失敗を恐れず挑戦し続けられる人

  • 足し算思考ではなく、引き算思考でゴールからの逆算ができる人

と経沢さんの最後の言葉の言い換えになりますが

やっぱり「継続力」だなと思います。

 

leaf_heart

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

最後に、女子大生の方向けに

【女子大生5名限定】学生から起業したライター上村菜穂が教える。自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

というイベントをやっているのでご紹介します!

「人の役に立つ仕事をして起業したいのに何をしたらいいのかわからない!」

「自分らしい仕事で人の役に立ちたいのに、どうしたらいいのかわからない」

「私にしかできないことで人の役に立ちたいけど、私の強みって何?」

 

そう思っているあなたに新しい視野をもたらし

「私も◯◯すればできそう!」と参加者の95%以上が感じるコンテンツを準備しています。

 

お申し込みはこちらです。

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

■Profile

Profile

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です