アーカイブ | 2016年5月14日

ふわふわ系女子のままでもビジネスをうまくするためのルール①

6318210495_4d6e87b795_z

 

「やっぱり自然体でうまくいく感じがいいな」

「バリバリのキャリアウーマン系で働くのはちょっと…」

 

こう思う女性も少なくないですよね。

 

「できることなら雰囲気は柔らかいまま、

お仕事はしっかりとやって楽しむお金も欲しい!」

 

 

けれど、ビジネスという世界。

そもそも価値とお金の交換のはずなのですが、

活躍しているのは男性が多かったり

経営者も男女比は9:1。

 

ちなみに私の周りで〝ビジネス〟〝経営〟という言葉に感心を抱くのは

はやり男性が比にもならないくらい多いですね。

→なので女子会をして仲間を集めています(笑)

 

 

規模も大切なのですが、

ビジネスとして人に価値を提供し、そこに報酬をいただくということは

決して男性が優位なものではないので、

女性ももっと提供する側になり、

そういう仕組みを作り出す側になれたらいいなと思います。

 

つまりキャンパスをデザインするのは自分!

ということです。

 

 

自分でつくり出す側になることによって

作業者として、誰かの枠組みの中だけにこだわらず

自分で作り出すことができ、人生を描けることは

より楽しい人生が送れるポイントなのではないでしょうか?

 

 

個人事業主になり、学生の方とも多く接する中

「自分でやるって難しそう…」

「私は、ビジネスはちょっと。」

という意見もよく聞きます。

 

けれど、「好きなことを仕事にできるっていいですね!」

と望んでいる人とたくさん出会いました。

 

 

 

2年前の私は、

まさか2年後の自分が個人事業主になっているなんて夢にも思っていませんでした。

 

 

「あなたはいつか自分でやりそうね。10年後くらい…5年後かしら?」

と、ある女性経営者の方に言われたときに

 

「そんなことができたらいいんですけどね…10年後にでも。」

なんて言っていたことを、今でも鮮明に覚えています。

 

 

私はリーダーシップもなければ、

できる女性オーラの欠片もないので

真剣にプレゼンテーションをしても命名されたのは『わたがしプレゼン』 (←ふわふわしているという言い回しですね)

 

最近は「わたがしに割り箸が挿さるようになったね!」

とのことで、私の成長談としてネタにして友人に言いまくっていたら、徐々に気に入ってきたのですが(笑)

 

6171344221_2fa046e95e_z

 

 

そんなこんなで、

(※部下を率いて大きな組織をつくるとなると別の話で、

私にその実力はなく、全くわからないので組織のトップの方のことはなんとも言えないのですが)

 

個人事業主というスタイルで仕事をするなら

ガツガツしなくても〝自分でお仕事ができる〟ということを体験できました^^

 

 

ではそんなキャラでもうまくやっていくためには何が必要なのでしょうか?

 

 

ということで分析です。

(分析が好きなのは、一応理系女子だからかもしれません。)

 

 

 

さて、能力として

  • 頭の回転のよさ
  • 交渉力
  • ロジカルシンキング

などなど。

 

例をあげれば必要な能力はキリがありませんよね。

 

私も欠けているものばかりなので、

まだまだ果てしない努力が必要なのです。

 

 

けれど、その中で一番はじめに

「これだけは忘れてはいけない!」

ということがあります。

 

 

 

それは

〝自分が力になりたいお客さまは誰なのか

ということです。

 

 

 

中身の根本からふわふわ系だった頃の私も、ターゲットの大切さは知っていました。

けれどそれを本当に実践できたかというと、

そうではなかったので、ふわふわ系止まりでビジネスがうまくいきませんでした。

 

 

ここでいうポイントは

お客さまを思い浮かべることではなく、

 

 

〝明確に、誰が何を望んでいるのか。

 自分が喜ばせたいその人は、何をバリューに感じるのか。

 

 

ただ、ここからが見た目や雰囲気はふわふわでも

中身はしっかりしないといけない大切なポイントなのですが

 

  • これならいいかも→自分の予想
  • まぁ、いいかな→相手の反応で、なしではないけどストライクではない

ではダメなのです!

 

 

 

提供したいものを本人に聞いて、話して、マーケティングをして

自分の頭の妄想ではなければ、Webで出てくる一般論やマス意見でもなく、

相手の中にある答えを導いて実行していくこと。

 

 

99点のものに仕上げたら、

ほかにも魅力的なもの、人で満ち溢れている世の中、

ほかの方が選ばれる可能性も十分にあります。

 

けれどその1点を詰めなかった自己責任。

 

100点のものを聞いて、考えて、分析してつくりだす。

 

そうしたら、結果120点になってすごく喜んでいただけるなんていうことがあるのですが、その〝喜び〟を提供する自分になることが大切なのです。

 

 

このポイントなくして、

私は個人事業主としてビジネスをすることができませんでした。

 

 

大切な要素はいくつもあるのですが、

まず第一に気をつけるべきポイントはお客さまのことを考えることです!

 

 

 

そうすると自分自身も肩肘はらなくても、大切なお客さまが

「もっとよくなるために」

もしくは

「問題解決の力になれるように」

 

自分ができる最大限のことはなんだろう?

 

と相手のことが大切なほど、

真剣に考えることができるのです。

 

 

 

特に女性は、人間関係を大切にするといいますしね。

 

相手のvalueを考えることによって、

お金儲けではなく、喜んでもらう先の対価としてお金を受け取るイメージなので、変にガツガツもしません。

 

そしてお客さまの声を、しっかりと聞けば聞くほど、

いいものが提供できるので

自分も嬉しくなれて自然と頑張れます!^^

 

 

あと学生さんや同年代の方で

「まだやりたいことがわからないです」

という方にも多く出会います。

 

それは気負いすることではなく、ここから見つけ出せば大丈夫です!

そんなときに私が聞く質問は

「一番力になりたい人は誰ですか?もしくはどんな人ですか?」

と聞いてその理由を聞きます*

 

そうすると、自分が何がしたいのか見えてくることがあるのでおすすめです!

 

 

特にプチ起業・お家起業と言われる女性のフリーランスとしての働き方は

今後の社会で求められるものなので

その選択肢をとれる女性がひとりでも多くいたらいいなと思います。

 

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える・自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策