なりたい自分になる! 叶わないときの3つの原因と振り返るべきポイント

「こんなふうになりたいな」
と考える時間は楽しく、ワクワクしますよね^^

私も将来に対して考える時間はとても楽しく、モチベーションになるので好きなことです。

 

 

多くの人が理想を描き、想像しているはずなのに、それが叶う人と叶わない人がいるのはなぜでしょうか?

 

その違いはどこから派生してしまうのでしょうか。

これまでのことを振り返り、分析してみました。

 

 

【イベント開催のお知らせ】

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える。自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

 

 

私自身が空振りの連続だったときのことを思い返してみると、

理想が叶わない理由は

〝なりたい自分になるために、ワクワクした未来ばかりを見つめて、過去を振り返っていないから〟ということに気が付きました。

 

 

なりたい理想像になれない原因は主に3つあると私は考えています。

 

1,なりたい理想像が描けていない
2,なりたい理想像があるのに、何をしたらいいのかわからない
3,なりたい理想像があり、するべき行動もわかっているのに行動に移せない

 

 

人によっても、考えていることによっても

その段階は様々で経験することにより、変化をすると思います。

 

意外とあるのが3つ目ではないでしょうか?
今回はその3つ目である

「なりたい理想像があり、するべき行動もわかっているのに行動に移せない」

ということにフォーカスをして分析してみます。

 

この段階は、特にストレスを感じやすいかもしれません。
やるべきことがわかっているのに、行動できない自分って辛いですよね。

 

 

けれどここで振り返るべきポイントがもう一つあると思います。

 

それは

〝思考のブレーキをかけているトラウマは何か〟

ということです。

 

 

『なりたい自分』というのは、今叶っていないから思うのです。

 

つまり『変化』が必要ということですね!

けれど、変化をどこかで怖がってしまうことはありませんか?

 

 

見えない先がどうなっているのかわからない。

周囲の反応が気になる。

 

行動できない原因は、過去に似た状況があり、

そのトラウマから動けなくなっているけれど、その根本に気がつかないから

結果、表面の〝動けない自分〟に囚われて苦しいことがあるかもしれません。

 

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える・自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

(Visited 53 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)