人生をチャンスばかりにするか。それとも捨てるか。 その境界は〝当たり前〟の基準で決まる。

 

 

人は何が当たり前なのか。

 

 

それは果てしなく答えがあって、ひとりの人の当たり前が複雑に絡み合って世の中が出来上がっているように思う。

 

けれどそんな中で感じるのは、ひとりの当たり前は、育ってきた環境・関わってきた環境(本気であればあるほど)で左右されるということです。

 

 

先日ある学生さんと会って、イベント運営をお仕事として社会人の方から任せてもらったお話を聞きました。

 

そのイベントは無事成功。
そして担当の方に
「お疲れ様でした。ありがとうございました!」
と言って見送ると、

その方が30秒後に急いで戻ってきた。

 

なにかと思うと

 

「お前、なんで飲みに誘わないんだよ!誘うことくらいノーリスクだし、一度誘ってくれたら今度誘ってあげようかなと思えるだろ!」

と叱られたと言うエピソードでした。

 

正直、私はこれにドキッとしました。

 

「自分から目上の方を誘ったら申し訳ない。」

その学生さんはそう思ったようだけれど、私も結構そんな感じで、食事は声をかけてもらって動く方が多かったから。

 

つい最近、相談をしたときにアドバイスをもらったけど
フランクな食事こそ本音を話せる場なので
そういう機会を大切にしたほうがいいよ。と教えてもらって

関係を築くのに大切なことって今の自分がしていること以外にもあるから

まずはこういうところから実行しようと思ったのです。

 

 

他にも、4/30にスポーツビジネス研修というイベントに参加をして
アメリカのビジネスの文化を聞くと、そこには自分の思考の枠を超えた文化が根付いていました。

 

そこで教えていただいた企業の中での文化は、
その会社の人々がお客様へのおもてなしで自然に行動できているということ。

 

例に挙がっていたのは
コールセンターの人が人生相談や、ピザの注文まで代わりにしてあげるなんていう、信じがたい事実でした。

 

フリーランスの私はコール部門もなにもなく、電話での応対は全て自分。

表面の形態のみ真似をしても効果は薄いから、
その真意を探って考える。

 

 

時間は有限なものなので、むやみやたらに真似をすると時間が浪費されてしまうかもしれないから私なりに考えると、
なにかしら信頼関係を築く、+αのアクションをもっと築いていくことが重要なのだと感じたここ最近でした。

 

 

だから自分が信頼している人(たち)、尊敬している人(たち)
の〝当たり前〟を知ることから始めてみる。
そして真似できるものはどんどんしていけば、成長できるのではないかなと思います。

 

 

それが、ふとしたときに
なにかのチャンスに繋がるのです。

 

例えば私はフリーランスになってから、
仕事をする上で特に最近気を付けているのは、

 

・ お金の振込やお申し込みフォームをすぐに対応する

・ 仕事関係のメールは、なるべく半日以内、どんなに遅くとも1日以内に返信をする(いつになったら対応できるのか。など)


・ 待ち合わせ時間には余裕を持つ

 

多分、まだまだ知らないところで欠けていることがあると思うけれど、
だからこそ自分の粗探しと並行をして、
相手の方がされて嬉しいことにも、

少しずつ目を向け、気が付いたことからアクションを起こすようにしています。

(きっとまだ気が付けていないこともあると思うけれど)

 

自分がお仕事やイベントの主催をしていく中で、

すぐに対応してもらえることは優先順位をあげていただけている気がして嬉しいですし、
お金の振込に関しては仕事で成果を上げられている方こそ、
本当は忙しいはずなのに早いと知ったからです。

 

いずれやることなら、ギリギリになって催促をして行動する人よりも、
素早く対応する方が、そのスピードが信頼の一歩になると感じました。

 

だから私も、本当にいいものの感謝や楽しみの期待を示すためには
期限より早く対応することを自分の当たり前に変えつつあります。

 

(しかも自分が早く対応している癖がつくと、

相手の方に「いつも素早い対応をありがとうございます!」と

お礼を言っていただけることを体験しました。
つまり早い対応は相手に+の印象として記憶に残るのだなと。)

 

 

 

もうひとつ見習いたい〝当たり前〟をご紹介すると、

2歳年下の男性と一緒にファイナンスの勉強をする機会があったときに教えてもらったことで
その人は自分が2回同じミスをするとすごく責任を感じ、悔やんで、次回までに完璧にしてきていたことが心に残っています。

 

 

そのbefore→afterのギャップに驚き、
「同じミスをするな」というのは、これまでの人生でも何度も聞いてきた言葉だけれど、意外とその詰めが甘かったなというのも学びました。

 

 

なので、自分が見習いたい人の当たり前とは何か。

 

それを気がつくようにアンテナを張ったり
環境で感じとることも大切だし、
叱ってくれる人の存在も重要だなと思います。

 

 

フリーランス(個人事業主)という
自分でビジネスをする人の当たり前はなにか、
そんなことを5/21のイベントで話そうと思いますのでご興味ある方はぜひ^^

 

 

【女子大生5名限定】フリーランスライター上村菜穂が教える。自分らしいライフスタイルができていない人に100%共通することとその解決策

 

 

私なりの4大ポイントをご紹介していきます!

「スキルがないとフリーランスになれない」
わけではありません。

 

それはなったことがない人の言うことで大事なのは…

続きはこちらのイベントにてお話しします!

 

 

 

◼︎追伸

「フリーランスのデメリットは何ですか?」ともよく聞かれますが、

そのひとつが、叱ってくれる人がいなくなりやすいことだと思います。

だからこそ、周りの環境で当たり前の基準が高い人たちと過ごすことが大事だし、

あとは叱ってくださる方の意見に耳を傾け(感情で怒るのではなく、正論のお叱りなら)感謝をして改善することだなと思います。

 

 

【information】

■ご提供中のメニュー

Menu

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

■Profile

Profile

 

(Visited 313 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)