【日記】本気になる中で自己が確立されるということ。 〜高校卒業して6年の今思うこと〜

■3/21(月・祝)13:00-【女子大生限定!】人生を豊かにするキャリアデザインワーク

s_IMG_2488

 

 

今日から3月がスタート!

徐々に暖かく、過ごしやすい日になるといいなと思うのですが

まだ寒い日が続きますね>_<

 

 

気が付けばもう、高校を卒業して6年もの月日が経っていました。

 

3897aa63b18b347f49a52447db9d7d91

 

 

昨日ちょうど

「明日で3月だねー。高校のときの自分に戻りたいかと言えば…今も大変なことがいっぱいあっても、けど今が一番だな!」

なんて話していて、

これからも常に〝今が一番!〟という人生を送りたいなと思いました(*^_^*)

 

16131701463_b0d98c32d6_z

 

やり直したいこともいっぱいあるけれど、

例えば6年前の今、受験に落ちまくってまだ卒業後の進路がなくて、後期に向けて試験が残っていたので謝恩会後の打ち上げも行く気がなくて断ったり。

それで進路決まっていない友人と2時間くらい中身のない長電話をしたような。

 

 

そんなこんなで後期は拾ってもらえたものの、

もう行きたいところなかったからコンプレックしかなくて

「だから就職先は、自分の行きたいところに絶対に行ける自分になる!! 大学名コンプレックだから、やっぱり名前大事だし大手なのかなー」とか思ったり。

 

 

すごく真面目に勉強にしがみついている学生だったのですが、

建築学科の花形であるデザインの発想に乏しく、模型も上手くつくれなくて「なんか私これ違うかも。」と気が付けたり。

 

 

それで建築をやったり、就職するどころか

ライターの個人事業主になれて結果、今すごく充実しているので、

コンプレックこそ危機感や悔しさからモチベーションを上げてくれるものはなく、最高の刺激剤なのだと感じています。

 

「現状をどうにかしたい!!」とあそこまで本気で思えなかったら、

大学の授業で寝ている人やサボっている人がたくさんいる中で、3年生までで休んだ授業は20回未満!単位落とすなん論外!というあれほどにまじめに受けられなかったし

真剣でやってみたからこそ、建築の「なんか違う」に早くに気がついたのです。

 

 

とは言え卒業してみると大学は大学でいいところもたくさん。

活動をご理解し応援してくださる優しい教授に出会えたり、

山しかなかったけれど鍛えられ、仲間がいい人だった陸上競技部に入れたので、母校の神奈川大学でよかったなと思っています^^

 

 

何より

 

『  学び  >>>  遊び  』

 

だった学生生活は、

人によってはつまらない人生と思われるかもしれないのですが、

自分としてはそれが今の幸せに繋がっているので納得しています。

 

 

 

だから悔しいことがあればあるほど、身を引き締め

これからもたくさん精進していきたいものです!

 

3296157358_7f31aaecf2_z

 

 

ちなみに高校の卒業式で後輩たちがくれた色紙で

陸上部は長距離が人数少なくて、私はよく中学生の男の子に混ざって練習をしていました(笑)

 

高校2年生のときに中学校1年生の男の子が2人長距離に入ってきてくれて、ひとりは速くて気が付いた夏頃には高校の男子と練習していたのですが、もうひとりの子はちょっとぽっちゃりとしていて可愛い顔した男の子で。

 

いっつも私の背中を追って走ってくれていて、(春くらいまで結構差があったけど。笑)

私が貧血で走れなくて筋トレメニューしようとすると、走れるのになぜか隣にいたから「練習メニュー違うんだよ!」ってグラウンドに追いやったり、

そうしたらある日部活サボって食堂でハッシュドポテト食べているの見かけて珍しく叱ったんだっけ。

 

 

一度も名前呼ばれたことなかったし、天然すぎてあまり会話が伝わっていないことも多かったけど、色紙にほかの誰よりも長文でメッセージ書いてくれて、こんなにしっかりしていたんだーと思っていると最後に

 

 

「上村先輩のことは一生忘れません。ありがとうございました!!」

 

 

と書いてくれて、試験落ちまくってボロボロのときにこれを見て

すごくすごく感動した。

 

上村先輩なんて呼ばれたことないけど、ってあとで突っ込みいれましたけど(笑)

 

 

 

 

そういえば最近、「リーダーとエースって違うんじゃないか」とふと思ったときに(この辺は書くと長くなるので、また気が向いたときにでも)以前手にして購入していた

『エースと呼ばれている人は何をしているのか』 著:夏まゆみ

の本を読み返しました。

 

51986CAMsKL._SX340_BO1,204,203,200_

 

夏さんはAKB48やモーニング娘。の育ての親であるダンスプロデューサーで指導者の方です!

ダンスを教える際にみんなへ同じ言葉ではなく、人によって伝える言葉を変えているようで、その表現力が本文にも描かれていて素敵な方だなと思いました。

 

個人的に好きなのは

シンデレラストーリーは決して叶わない幻想である(P33)

→きちんと逆算をして考えること。「◯◯になったらいいな」だけで夢は叶わない。漠然とした夢や理想ではなく、今なにをするべきかを考える。

よいプライドは自分を美しく、悪いプライドは自分を醜くする(P96)

→よいプライドは自分を高みに置いて責任を持つこと。悪いプライドは自己防衛のためのプライド。自分より低い層だけを見ていると、人は「私はできる」と錯覚します。

というものです。

 

 

この本には、エースと呼ばれる人が持つ考え方・習慣つまり、エースの資格として

〝自己を確立し、自信を持ち、前に向かって進むこと〟

だと述べられています。

 

そしてその一歩の踏み出した足を止めないことだと。

 

 

「エース」とは、自分自身の実力や魅力を、発揮するべき場所で十分に発揮し、輝いている人のことをいいます。

人には必ず自分が輝ける場所があるので、つまり誰でも「エース」になれると。(P20)

 

 

本を一言でまとめるのは難しいけど、

自分の強みひとつに気が付いて、そのひとつを積み上げることによって自己が確立され、次のことに挑戦するステップになるのではないかというメッセージが書いてありました。

 

 

自分の中で強みを見つけられたら、次はその力を伸ばしていくフェーズになると思います。

そうなると、そのスキルをどんな環境で磨いていくのか。

 

目的意識が強く、ゴールがしっかりと見えていて自己をしっかりと持っている一部の人はどんな環境でも自分を見失わずにいられるかもしれません。

ただ、これは多くの人が厳しいのではないでしょうか。きっと環境があって、周りの人が努力しているからお互い刺激し合えて成長できるのではないでしょうか。

 

環境によって自分が挑戦も、逃げることもあるのではないかと思います。

 

そうして大切な環境で、いつまでも

〝今が一番!〟

と心から言える人生にしていきます*

 

 

ちなみに先日、机を掃除しているときに出てきた紙がこちら。

卒業したのが6年前なので、書いたのは7年くらい前かもしれません。

環境がよかったからこそ、周囲の人に刺激され、人としても強くなりたいと思い立てた目標です。

 

  • 影で努力をする人になる
  • いつでも冷静になる
  • 相手のことを考えて、自分から好意を示した行動をする
  • 文句、悪口、言い訳をしない。言わない
  • 表現力豊かになる
  • 七回転んでも八回起きる
  • いやでも逃げない
  • 常にポジティブでタフでいる
  • 自分に負けない

 

12800382_844901105635960_1346346819781209378_n

 

少しはこれを守れている大人になれたかな?

 

 

【information】

■3/12(土)12:30-16:00 70分間のイベント登壇!

【たった1日で10年後、今よりもっと輝けるとしたら…?】 〜女性目線の人生プランの描き方〜

Cheer up meeting

■3/21(月・祝)13:00-16:30

【女子大生限定!】人生を豊かにするキャリアデザインワーク

■ご提供中のメニュー

Menu

 

■お客様の声

Customer’s voice

 

■Profile

Profile

 

(Visited 274 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)